ブログトップ

hisomi a la mode

hisomi.exblog.jp

誤認と責任

先日「だべり場」に参加させて頂き、改めて学ばせて頂きました。
関係者の皆さん、お疲れさまでした。お誘いも本当にありがとうございました。
「健康と食」をテーマにした話し合いで、様々な意見が飛び交っておりました。
素直に感じたのは見事にそれぞれに持論があるものだなぁと思いました。

ある人は頭で解っていても実際の食事や健康のことには無頓着であったり、
ある人は自然食が一番だけど、値段が高過ぎると感じていたり、
ある人は無農薬とかオーガニックのものは東京では高くて買えないから実践は難しいと感じていたり、
ある人は知り合いの農家さんに無農薬では野菜は作れないし、今は残留農薬もそれほど問題無いと言っていたから大丈夫であると認知していたり、
ある人はそもそも全く興味ありませんと言っていたりと、本当に十人十色、百人百様でした。

そして同じように自分の考えとして思うところは沢山ありました。
シンプルに考えれば、自分がそれらをどれだけ必要としているのかで得られる結果も変わってくるのだと思うし、無農薬やオーガニックの野菜達をフェアに取り入れられる方法もあると思っています。
個人的には「オーガニック」という幅広い使い方をされている言葉はイコール無農薬と思われている方もいらっしゃったので信用していません。それから「玄米」に対する捉え方もまた様々で、単純に不味いと仰る方や昔の人にとっては白米の方がごちそうであったという時代背景的な意見もありました。味に関しては好みですし、扱い方にそれなりにノウハウがあると思うのでなんとも言い難いですが、時代背景的なものはまた別の見解が必要になってくると感じています。まず、僕が言っているのはあくまで無農薬玄米のことですが、無農薬でないと糠に農薬が残留するので寧ろ精米するようにしています。野菜を摂り過ぎてカリウムが増えてナトリウム不足になったという方もいらっしゃいましたが、個人的に物事にきちんと打ち込むには、ある程度の偏りが原動力になるけれど、きちんと錨かなんかを落としておくなり、パンをちぎっておくなりしないと、元の位置からどれくらい自分が思考の旅をしてきたのかが解らなくなってしまって、極端に自分を見失ってしまうのだと思います。因みに人間の細胞のカリウムとナトリウムの比率は5:1だそうです。で、玄米もまた同じ比率だそうです。なので陰陽で言うところの「中庸」の位置に玄米が鎮座するわけですね。とまぁ捕われ過ぎも良くないですけど、この時期は暑いし、良く噛まないと消化も悪いし、トウモロコシと一緒に炊いてもやっぱりなんだか無理矢理感が否めないので敬遠されがちですが。。。「母親に頭で食べなさい」と言われ続けたことを思い出しました。

美味しいのは大前提。

ああ。。。読み返したら余計に暑くなったわ。

皆様、水分と塩分。
しっかりとってつかあさい。


[PR]
by hisomi-tnp | 2010-07-24 09:15 | 地球/食
<< 8月は久々にアレしよう。 吉祥寺お疲れさまでした。 >>