ブログトップ

hisomi a la mode

hisomi.exblog.jp

覚悟する人たち

藤岡にある無農薬の農家Aさんちで稲刈りを手伝ってきました。
手で刈るのは四隅程度で、手押し型のバインダーという稲刈り機を使いました。
泥濘に足を取られつつも、どうにかこうにかミッションをこなしました。
a0026058_23381572.jpg

この翌日、予想を遥かに超える筋肉痛に襲われました。

刈った稲達はハザ掛けという昔ながらの方法で天日干し。
それから皆で野菜でしゃぶしゃぶしました。
これがまた絶品!!
生野菜サラダも、地粉も、胡麻も、枝豆も、ここで作られたもの。
誰がどうやって作ってきたのかが伝わってくる。
食事という行動が持つ記憶の素晴らしさも味わいの一つに違いない。
a0026058_2352985.jpg

Aさんは「無農薬」という言葉は使いたがらない。
何故なら「無農薬」という言葉が農薬を使った人達ありきで成り立つ言葉だからだ。
それはきっとそう表現してしまった瞬間に、自ら溝を作ることになるのを知っているからだと思う。なんでもそうだけど、賛成と反対、肯定と否定のどちらかに属さなければならない理由なんて、始めから無い。ただ一つだけ、念頭に置いて頂きたいのは「学ぶ」という姿勢、「知ろう」とする姿勢、どんな偉い肩書きがあろうが、歳を重ねようが、説明できない自分を恥じることなく、調べたり聞いたりするべきだと思う。右と左が在ることで、真ん中が生まれるように、どちらか一方という状態は、純粋にもったいないことだと思う。

あ、また話が脱線。。。

柔軟に生きましょう。




ごちそうさまでした!

。。。イテテ。
[PR]
by hisomi-tnp | 2010-10-15 00:01 | 地球/食
<< COLOR インタビュー公開です。 千葉旅行記 >>