ブログトップ

hisomi a la mode

hisomi.exblog.jp

インフルエンザと責任

新型インフルエンザの予防接種の実施予定日と予診票なる用紙を渡された。
体温は当日じゃないと当然ダメだろうと記入はせず、その他もわからないものは、わからないという意思表示を記載しておいた。「はい」と「いいえ」だけで答えられる人が羨ましい。というより不思議に思える。
その後、期限通りに提出したもののジムが用紙を持ってこう言ってきた。

ジム「ここのサインが入ってないんですけど?」

と、そこは医師の説明を受けて理解し、納得をした上でサインをする部分だ。

俺「ここは、説明されてないんで、当日じゃダメですか?」

まぁ彼女も言われた仕事だけ遂行しているだけなんだろう。やんわりとそう伝える。

ジム「当日だともうこの用紙は無いので、みんな書いて頂いているんで」

強気な姿勢だ。こちらが険しい表情をすると、

ジム「じゃあいいです、別に」

そう言ってドアをピシャッと閉めた。

なんという感じの悪さ。別にってなんなんだ。別にって。
根本的なリスク管理が甘過ぎやしないだろうか。
これで俺が予防接種をして、何か問題が起こった時に、あなたは責任がとれるんですか。と言いたい。
それどころか、「サインをして頂いたので」と言われかねない。これがどれほどのことを意味するのか、全く理解できていないのだろうか。あまりにも他人事過ぎる。それに病院から今回の予防接種に関する説明は、一切無い。怠慢もいいところだ。
[PR]
by hisomi-tnp | 2010-11-15 13:52 | 時の声(war cry)
<< 2010/11/19(fri)... Crossing Cerami... >>