ブログトップ

hisomi a la mode

hisomi.exblog.jp

ジャガイモと原発は別物です。

潜です。

秋になって寒くなったせいか近頃は喘息が出ています。
先日のアトミックカフェはおかげさまで店内がいっぱいになるくらいの盛況ぶりでした。
お越し頂いた皆さん、ゲストの皆さん、クールフール店長、出店者、関係者の皆さん、お疲れさまでした。
様々な意見が飛び交うので衝突が生じるのは当然ですが、皆の目的はそれほど摩擦のあるものでは無いと思いました。むしろ皆が共通して放射能に対する未曾有の恐怖を深層で感じているからこそ苛立ちにも似た状態なんだと感じています。
次回の開催はまた打ち合わせ後に発表したいと思います。
着実に集まる皆さんで知恵比べではなく、情報の交換、共有のパイプを太くしっかりしたものに
変えていけたらと考えています。

それから先日月刊パ○ッ○ュの10月号を見ていたら元原研の農学博士なる人が、
「惑わされない、食品と放射性物質の関係」というリポートを出していました。
内容はハッキリ言って酷いです。内部被曝に関しても自然に尿などと一緒に排出され、最終的に受けた放射線量が同じなら内部被曝と外部被曝の危険性は変わらないとまで言っています。
確かに尿から排出されないと言えばそうでもないし、最終的に人間が受けた放射線量自体、はじめから正確な数値が出せないことが大前提なのだからなんとでも言えてしまう。未だにガンのリスクを抑える抑えないの話や、喫煙者のリスクとの比較などもしていますが、これらも総じてその根本の原因に触れようとしないことは明らかだと思います。そもそもジャガイモの芽止めをしている人に原発事故で排出された何種類もの放射性物質の何が分かるというのでしょう。

放射線に対する市民の認知は日々深まっていると思います。しかしそれに伴って放射線を擁護するような言い回しも日々変化していると思いました。つまり、内容的に嘘であるようには捉えにくい発信をして、結果的に安全なイメージを読者にさせるというギリギリの表現が多く見受けられました。こういう気持ちの悪い違和感は現在もテレビなどで時々目にします。

とりあえず自然放射線の話をしたなら人工放射線の話もセットでお願いします。
[PR]
by hisomi-tnp | 2011-10-08 12:28 | Save Our...
<< 次回のアトミックカフェは10.... さらに追加情報!9.30(金)... >>