ブログトップ

hisomi a la mode

hisomi.exblog.jp

「リテラシー」それは読み解く力。

情報戦争は既に始まっている。東日本大震災からもう10ヵ月が過ぎ、日本にとっても世界にとっても大きな転換や気付きのある2011年が不可思議な西暦によって2012年に変わった。しかし相変わらず状況は変わっていないことも多いし放射能汚染に至ってはこれからが問題となってくるに違いない。セシウムばかりが表に出ているが不思議とストロンチウムのことはあまり出てこない。震災の復興という意味で言えば「絆」という言葉もボランティア活動されている愛に満ちた方々にも頭が上がらないけれど、原発事故という意味で言えば、一見人道的なことでさえ真逆の効果を意味することを忘れてはいけない。物理的に考えても物を動かすということはそれだけエネルギーを消費するのに、まるで効率を考えたかのように瓦礫を日本中に分けようとしてみたり、風評被害にしてもその後ろで買い叩かれた食品が国の暫定規制値の範囲内というお墨付きで加工されコンビニやスーパーなどに出回るというおかしなことになっている。善悪度外視で経済優先の視点で考えてみれば、安く買うためには風評被害を起こし、それを安く買いますよという自作自演の考えさえ容易に想像できるし、それが法に触れることさえなければ実行する人間がいても何ら不思議ではない。だからこそ本当の問題点を理解しておく必要がある。まず被曝というものの限度は有って無いようなものであり、DNAに対しては何かしら影響を与えているという点と、それはつまり暫定規制値などは至極曖昧なものであるという点、そして人々が各々の周りを気遣うことに必ず個人差が存在しているという点。これらを踏まえて読み解く力を培っていく必要があり、それは当然自分たちで学んでいくことで身に付いていく。

教えることを
教え込まれた
教える立場の人間に
教わることは無い
あらゆる悲劇はそこから生まれている
学ぶのは自分なのだから
自分から学ばねば
自分の未来は見えない

2012年は原発に反対や賛成という二元論以前のことを皆と話したい。
避難する時に一番に思いつく者(物)を大切にしていこう。


[PR]
by hisomi-tnp | 2012-01-11 10:24 | 時の声(war cry)
<< 2.19『コアフェスティバル』... 2012の年男。 >>