ブログトップ

hisomi a la mode

hisomi.exblog.jp

菅直人氏が来群だそうです。

今週末18日(土)に菅直人元首相が来群するそうだ。震災と原発事故が起きて、他の人間だったら対応できたのだろうか。巷で出る「ああすべきではなかった」「こうすれば良かった」などという発言自体が稚拙に思えてしかたがない。前古未曾有の問題の答えを知っている人がいたのならば、まずこんなことにはなっていないのだ。そういう大人たちを見て子どもは育つ。その議論がされるべきであったのは今ではなく、原発の歴史の一番はじめでなければならない。きっと発言の矛盾を理解することくらい、彼ら政治家の学力をもってすれば容易いことだろう。原発とめよう群馬からも加賀谷さんが民主党から出馬することになった。何故民主党か、そんな声は絶えない。しかし、この社会で理想論抜きに現実を捉えて決意したのだと思うし、逆に問いたい、ではどうすることが最善で、その策はどれだけ効果があって、あなた方はどんな協力をしてくださるのか。原発、TPP、さらには改憲という山積みの問題を、本当にどうにかしていかなければならない今、乳飲み子と入園、入学という恐ろしく多忙なタイミングにも関わらずされたその決断だけでも、充分に意味のある意志の現れであると思えないだろうか。

それはたぶん民主党じゃなくてもそう、幼心に居眠りする国会議員を見せられているのに、政治家はただ偉いというあからさまな矛盾を矛盾のまま抱えて大人になった。ではそこから何か解決したのだろうか、矛盾は未だ矛盾のままではないのか。

講演会 菅直人元総理が語る脱原発・再生エネルギーへの道
◎ 日  時 2013年 5月18日(土) 午後2時~4時
◎ 場  所 ホワイトイン高崎(高崎市赤坂町94 TEL027-325-5858)
◎ 参加費 500 円
◎ 主  催 脱原発・再生エネルギー推進する自治体議員の会
◎ 連絡先 群馬県議会議員 角倉邦良事務所 TEL 027-387-1432
[PR]
by hisomi-tnp | 2013-05-13 15:08 | Save Our...
<< 5.19(sun)六ヶ所村ラプ... 或る軍師の憂鬱 >>