ブログトップ

hisomi a la mode

hisomi.exblog.jp

同志たちに告ぐ。

今夜もどこかで厳つい見た目だったり、過激な服装の若者たちが音楽を聴いて賑やかに愉しんでいる。好きなだけ遊んで踊り疲れて、明日も頑張ろうって奴が山ほどいる。一方じゃ偉そうな人間たちが、錬金術を使ってこの国を好きなように牛耳っている。俺たちは気付かなければならない。彼らに背を向けて広がる溝の深さが、彼らにとってこの上なく最高の環境を与えていることを。このまま彼らの住む政治の世界に触れないことは正に思うツボである。「自由」とは「自ら」の「由」即ち手段であり、それがクリアされてはじめて自由といえる。だとすれば今それは俺たちにではなく、彼らにある。俺たちは日々好き勝手に生活をしているうちに、完全なる不自由へと足を引っ張られているのだ。無責任に描かれた未来を無条件に受入れるだけでいいのだろうか。脱原発は当然ながらTPPや改憲の恐ろしさは正に今そこにある脅威である。命の根っこに目を向けている人間を彼らの世界へ投じる必要がある。何故なら、その溝を埋められること(政治に目を向けること)こそが彼らにとって最大の脅威だからである。

同志たちに告ぐ。


[PR]
by hisomi-tnp | 2013-06-07 15:22 | 時の声(war cry)
<< 6.30輝く未来を子どもたちに!! Tシャツ販売中。 >>