ブログトップ

hisomi a la mode

hisomi.exblog.jp

小中高生、大学生、新社会人、そしてお母さん、お父さんへ

小中高生、大学生、新社会人、そしてお母さん、お父さんへ

100年もすれば今そこにいる人たちはいない。
未来は今向いているベクトルで決まってしまう。
群馬の若者が日本の未来を変えたっていいじゃないか。

公示日ですね、先日は高崎で参院選候補者による討論会があり、会そのものには間に合いませんでしたが、民主党から出馬することになったエエジャナイカ大行進のかがや富士子ちゃんをはじめ、緑の党群馬の千晶さん、AKOちゃんやエディさんに会い、熱いVIBESを感じて帰ってきました。

自民党の山本一太氏は残念ながら不参加だったようです。主催はJC、桐生での瓦礫問題における歪曲された発信の記憶があったので、個人的には未だ懐疑的に観ています。さて、富士子ちゃんが何故民主党なのかという声は多く聴きます。それに対して「党」ではなくて「人」を観て欲しいという意見もあれば、そうは言っても最終的には党の意見に飲まれるのが落ちではないか?という意見もあります。

富士子ちゃんはこう言っていました。「私が民主党を変える」彼女の意志がどれほどのものかは誰にもわかりません。他人が考えてることなんてそりゃわかりませんよ。でもそう発言すること、そして行動することが、決して楽な道を選んでいるとも思えません。逆を言えばそう発言する彼女を公認したということは、「民主党も彼女によって変わります」という絶対の覚悟が必要だということは間違いありません。党に属さずに変える人もいれば、内部から変える人もいる、だから変え方の違いなんだと思います。それが朱に交われば的に染められてしまうのか、それ以上に富士子ちゃんのカラーに染まっていくのか、それは本人の声を聴けば伝わってきます。

そして何より、目的はやはり子どもたちが安心できる未来であるし、きちんと包み隠さずに確かめていけば、これ以上被曝する人を増やさないためにも、最終処分のことを考えても、原発の再稼働は有り得ないことであるし、それを有り得ることに変えてしまう恐れのあるISD条項なんていうものを含んだTPPへの参加は、何一つ子どもたちのためになっていないことは、明らかだと思います。96条の改正にしてもそう、憲法は俺たち国民を守るためにある、しかしこれを変えてしまうということが、日本国内のパワーバランスに大きく影響することを感じ取らなければ本当に危ないと思います。

難しい言葉、解らない言葉、それぞれが調べて咀嚼して、納得して、それでもさらに逆も考えて、視点を変えて、実感に変えていけば、間違いなく確かな方向性は見えてくるはずです。その中で、現在、政治への参加、選挙への参加、候補者をきちんと観察することは絶対に抑えておきたいことだと思います。

変えよう、未来を。
[PR]
by hisomi-tnp | 2013-07-04 13:39 | 時の声(war cry)
<< 2013究明VOTE 政治+庶民= >>