ブログトップ

hisomi a la mode

hisomi.exblog.jp

蝙蝠の話

俺は歪んでいる。

其れ故歪んでいる人間が苦手だ。

ある者は、あまり酒を飲まない俺を面白くないという。
しまいには酒のサカナにしてゲラゲラと笑う。

ある者は、あまり卑猥なことを言わない俺を面白くないという。
ある者は、女にだらしのない男が大嫌いな俺を遠ざける。

俺が一番歪んでいることを俺は知っている。

楽しければそれでいいと言う奴の傍らで傷付く人がいる。

ある者は、嫉妬し、歪んだ感情を投げ付けてくる。
悲しいわけがない。
俺とアイツの関係は、他の奴にはワカラナイ。

ある者は俺を諸悪の根源だと言う。

俺はアイツとアイツの間で揺れていただけだ。
どちらも大好きな俺にどちらかにつくことなど出来ない。
出来ないんだ。

言葉は鎗となり、矢となり、俺に次々と突き刺さる。
人一人の不満が膨大な憎しみへと成長していく。

しかしある者は、俺に手を差し伸べる。
その手に引かれ俺は一時救われた。

しばらくして彼はこの地から去った。

残された俺は................どうする。どうする。

俺は人道的な方を貫くべきか、
それとも仲間との関係に気を配るべきなのか、
では仲間が道を踏み外しそうな時、
一緒に踏み外すべきか、
それとも止めてあげるべきか......。どうする?........俺。

どうする?.......オマエ。

「逆説・仲間外れの蝙蝠」
[PR]
by hisomi-tnp | 2005-12-26 22:28
<< 空洞化計画阻止計画 乙 己 >>