ブログトップ

hisomi a la mode

hisomi.exblog.jp

『シュルデイズ』

a0026058_204317.jpg3rdのタイトル曲でもあるこの曲が、産まれるまでには、かなりの念いが交錯してきました。現代に居ながら『異』を感じ、すれ違う人間や、声、そこにはまたその人の日常がある。そんな事を思いながら、心の空洞を隠しながら生きる現代の疫病的な様子を、例えば車窓から時間という風景を眺めるようにしているとでも申しましょうか....実際には、自宅のソファに横たわりながら、その窓から見えた風景や、夜のベンチに座り、街角に見た一コマなどがかなり影響していますが....。ともあれ、日常の会話、食事、学習、休息、詩、そのくり返しの痕跡に何が残るのかを考え続けることの必要性、世の中の矛盾を虚しく感じながらも、決して諦めずに生き抜けるよう願って描きました。
[PR]
by hisomi-tnp | 2004-06-08 20:40 | タビユケバ
<< 2004年4月18日、 『逆説・仲間外れの蝙蝠』 >>