ブログトップ

hisomi a la mode

hisomi.exblog.jp

2004年4月18日、

米国ボーイング社が無人攻撃機の爆弾投下実験に成功した。1999年より開発が始まり、2008年に実用化の予定である。これによって兵士の命の危険性が軽減する一方で、安易な戦争への発展が懸念されている。当然のように兵器の開発が進む中、世界からテロが無くなる日は来るのだろうか、皆さんは御存知だろうか、戦争には戦争のルールというものが一部存在することを。
 数々の戦争に武力紛争、それを根絶させることは現在も今後も難しいかもしれない。そんな現実の中でもできる限り我々の命が奪われるのを防ぎ、人間の尊厳を保ちたいという精神。それが国際人道法である。
これは、まさしく戦争においての人命・人権の尊重を唱っているが、同時に戦争の存在を前提にしている。何故ならば、今世界で起きている事は夢ではなく紛れもない現実だからだ。
[PR]
by hisomi-tnp | 2004-06-08 21:15 | 繁栄のムコウ
<< 夢の無い人が増えている 『シュルデイズ』 >>