ブログトップ

hisomi a la mode

hisomi.exblog.jp

夢の無い人が増えている

...と、ある評論家が口にしていた。本当にそうだろうか、だとすればその原因はどこにあるのか...。仕事仕事で家族とは名ばかり、酒を仰いで愚痴をこぼす。その姿を子供達は見ているのだ。だからといって愚痴をこぼす事がいけないのではない、必要以上の利益という欲に右往左往する競争社会が多くの勝者を生み、無論その影にさらに多くの敗者を生んでいる、ある人がこう言っていた、『夢を夢と思うな』と、現実から目を背けるのでもなく、眠りについて見るのでもなく、『夢という現実』の存在を信じる事が何より大切なのではないだろうか、そう考えることで、『夢』の許容量を増やしていくのだ。
たった今のどが乾き、ジュースを欲し、その為の行動をとる、結果ジュースを手に入れ味わえる、恐ろしく単純で馬鹿げていると思われるかもしれない。しかし、これは紛れも無く『夢』を現実に変えた瞬間なのだ。人間は経験から物事を推し量る傾向がある、だからこそ見えるところしか見えないのだ、見えないところに光を当てて行く事こそ、具現化への第一歩なのではないだろうか。慎重に、そして大胆に挑む姿勢の延長線上に『夢という現実』は必ずある。
結果はその道を歩く歩幅に委ねよう。自分自身の足なのだから...。
[PR]
by hisomi-tnp | 2004-06-08 21:17 | 時の声(war cry)
<< 1961年8月13日、 2004年4月18日、 >>