ブログトップ

hisomi a la mode

hisomi.exblog.jp

イタダキマッシヴ!!

先日興味深い記事を見かけました。
「いただきます」についてのエピソードです。

以下転載

《考:「いただきます」って言ってますか? 「給食や外食では不要」ラジオで大論争

 TBSラジオ「永六輔その新世界」(土曜朝8時半〜、放送エリア・関東1都6県)で昨秋、「いただきます」を巡る話題が沸騰した。きっかけは「給食費を払っているから、子どもにいただきますと言わせないで、と学校に申し入れた母親がいた」という手紙だ。番組でのやり取りを参考に、
改めて「いただきます」を考える。【文・遠藤和行】 ◇「私の場合」を募集

 手紙は東京都内の男性から寄せられ、永六輔さん(72)が
「びっくりする手紙です」と、次のように紹介した。

 《ある小学校で母親が申し入れをしました。「給食の時間に、うちの子には『いただきます』と言わせないでほしい。給食費をちゃんと払っているんだから、言わなくていいではないか」と》

 番組には数十通の反響があり、多くは申し入れに否定的だった。あるリスナーは
「私は店で料理を持ってきてもらった時『いただきます』と言うし、
支払いの時は『ごちそうさま』と言います。
立ち食いそばなど作り手の顔が見える時は気持ちよく、よりおいしくなります」と寄せた。

 一方、母親のような考え方は必ずしも珍しくないことを示す経験談もあった。
「食堂で『いただきます』『ごちそうさま』と言ったら、隣のおばさんに『何で』と言われた。
『作っている人に感謝している』と答えたら『お金を払っているのだから、
店がお客に感謝すべきだ』と言われた」との内容だ。

 また、申し入れを支持する手紙も数通あった。学校で「いただきます」を言う際、
手を合わせることに「宗教的行為だ」、と疑問を投げかける人もいるという。

 永さんは、中華料理店を営む友人の話を紹介した。その友人は「いただきます」と聞くとうれしいから、
お客さんの「いただきます」の声が聞こえたら、デザートを無料で出すサービスをした。
後日、永さんがサービスを後悔していないかと尋ねたところ
「大丈夫です。そんなにいませんから」と言われたという。

以上、皆様はどう感じられましたか?

永さんのサービスの「後悔していない理由」も何だか寂しいですが、
それ以上に寂しいのは「俺様意識」の強い親の存在です。
お店側も、怠けた勤務態度で接客する方も近頃はお見掛けしますから、
「お金を払っているから偉い」「お客さまは神様だ」確かにその通りかもしれません。
しかし、それは双方に傲慢になってはいけない大切な部分なのではないでしょうか。
お店側はお客様が来てくれるから仕事になってお金が貰え、御飯を食べられるのだし、お客様側はそこにお店があるから今も食べたいものがお金で食べられるのです。
根本的な有り難みを忘れてしまってはいけません。
それは咲いた花に見とれて、花だけを切り取ってしまうようなものです。
花には葉もあれば、茎もあるし、根もある。
全てが必要不可欠な奇跡の集合体なのです。

さてこの一見、裕福そうな日本が突然の自然災害に襲われた時、
まず大切なのは「食料」かもしれません。
究極の精神状態の人間に「金ならあるから」と言ったところで、
そこに何の価値すらないのです。

「いただきます」が「宗教的行為だ」というなら言ってやりましょう。
「その通りだ、だから何だ」と。葬式で手を合わせないやつがいるだろうか?
「食」において「戴く」という行為は命を戴くことであり、全て携わった人への感謝であり、自分自身もそれを戴くに値するのかを自ら問うための大変尊い行為だと思います。
ましてやそういった意見を持った親の子はいったいどんな子に育っていくでしょう。

すっかり浸透してしまった「ファーストフード」の存在、そして、仕事仕事の社会の仕組み、ストレス、減少する会話、コミュニケーション、全てが繋がって互いに影響しあっているのです。

早いところ、この悪循環を推進する思考回路をプログラムしなおす必要がありそうです。

皆さんも是非言ってやって下さい「いただきます」



[PR]
by hisomi-tnp | 2006-09-12 16:42 | 繁栄のムコウ
<< 雨のこちらと雨のあちら ボーイズ ビー ナントカ >>