ブログトップ

hisomi a la mode

hisomi.exblog.jp

畑と雀と俺と妄想


そこは荒れ果てた地。

ほんの少し前まで私の家族や私の家があった場所。

大きな鉄の塊が、大きな音と一緒に通り過ぎていった。

そうしたらそこにはなんにもなくなってしまった。

それでもまた来年、私はそこに家を建てるだろう。

生き残った私には、生きている私には、

これらを伝える使命があるのだ。
[PR]
by hisomi-tnp | 2006-08-23 11:21 | 地球/食
<< 同じ人間の行い 核の核 >>