ブログトップ

hisomi a la mode

hisomi.exblog.jp

初心忘るべからず

僕らは直ぐに調子に乗る。
その昔センスが無かった者が、センスの無い者を笑う。
音楽を聴き始めた者に、得意気に話す口調、
それはいつだったか誰かが自分に話す口振りと似ていたりする。
自分が通って来た道のりを一歩ずつ歩んでいる者に、
僕らはあまりにも身勝手に、「早くこっちに来い」と言う。
小規模での共通の言語は時として境界を生む。
決して他人を悪く言うもんじゃない。
今のアイツは昨日のお前だ。
明日は逆転するかもしれない。
人間の可能性とはそれ程計り知れないものだ。
[PR]
by hisomi-tnp | 2007-02-02 02:45 | 時の声(war cry)
<< 潜、DIYに目覚める。 想像できない輩の創造(Rー100) >>