ブログトップ

hisomi a la mode

hisomi.exblog.jp

ロッカショ

a0026058_16264749.jpg


SUGIZOさんがロッカショを思い、ひとつの形にしました。
慌ただしくなるばかりの年の瀬に、僕らはなにをするべきか。。。
一丸となってシフトを変えれば、
別の世界が観えてくるとは思いませんか?

以下、転送歓迎~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『ロッカショ−2万4千年後の地球へのメッセージ』
  Stop Rokkashoプロジェクト 著
  価格税込み 1,200円、講談社

 → http://www.amazon.co.jp/ ロッカショ で検索!

●本文より−
SUGIZO:まず、六ヶ所の核燃料再処理工場を止めるために動こうと思った理由
を教えてください。
坂本龍一:2006年3月くらいに見た、グリーンピースのサイトかな。「1日で通
常の原発の1年分の放射能」という情報を見てしまって、信じられなかった。
(中略)そのすぐあと、3月31日ににアクティブ試験が始まることを青森県が
認可したというニュースがあった。(中略)9.11同時多発テロのときもそうで
したけれど、まず知るということが大切。知らないということ、無知というこ
とは、死を意味するというか、死につながる。

●Stop Rokkashoプロジェクト:
2006年5月、ニューヨーク在住のアーティスト坂本龍一が、2007年に本格稼働
する(当時予定)六ヶ所村の核燃料再処理工場に危機感を抱き、まず日本の外
から声を上げる。ラッパーのshing02、世界的に著名なデザイナー、ジョナサ
ン・バーンブルックらとともに、"team6"を結成、webサイト
(www.stop-rokkasho.org)でのクリエイティブコモンズを使った芸術活動な
どを展開している。日本では、クラブキング代表の桑原茂一やミュージシャン
のSUGIZOらがこれに共鳴し、イベント、Tシャツ制作、出版活動などを展開し
ている。

●本書の目次
Prologue すべてはここから始まった
 甚大な放射能汚染を知ってください−坂本龍一
 ロッカショへの思い−SUGIZO

Part1 核燃料と再処理工場
 坂本龍一interviewed by SUGIZO
 
Part2 もうひとつのグラウンド・ゼロ
 辻信一interviewed by SUGIZO

Part3 自然エネルギーが拓く未来
 河野太郎interviewed by SUGIZO

Part4 立ち上がった人々(エッセー)
 鎌仲ひとみ、小野寺雅之、菊川慶子、哘(さそう)清悦、安村磨作紀

◇一人ひとりの地球(ショートメッセージ):桜井和寿/UA/大貫妙子/小林武
史/青木孝允/高樹沙耶/桑原茂一/吉村栄一/ピーター・バラカン/マエキタミヤ
コ/瀧本幹也/正木高志/岡野弘幹/星川淳/Oto/山根麻以/高橋靖子/サエキけん
ぞう/佐藤タイジ

◇参考文献・URLリスト
◇「この本を作った人たち」のリスト
◇写真協力:石川直樹、島田恵、瀧本幹也、など
◇その他コラム:原子力発電と核燃料の再処理/ウラン、プルトニウム、原
発、再処理工場の関係/青森県六ヶ所村と核燃料サイクル構想/日本の原子力
発電所と核燃料再処理工場/六ヶ所再処理工場の「破壊力」/再処理は放射性
物質のばらまき/再処理の工程と再処理工場の事故史/核兵器の材料を作る六
ヶ所/原発では操業が認められない高濃度の放射能/日常的かつ膨大な放射能
放出/六ヶ所再処理工場で事故が起こったら/再処理は使用済み燃料の「ゴミ
対策」?/日本の55基の原発から出る「使用済み燃料」はどこへ?/世界の安
全保障を揺るがす再処理工場/日本だけが進める不可思議な政策/原子力から
撤退するドイツ/欧州が拓く自然エネルギーの未来/持続可能なエネルギー社


※この本の印税は地球環境を守るための活動に使われます。




相変わらず、署名は受付中。
声掛けて下さいまし。^ー^b



潜 合掌



追伸。

先日、桐生Blockでのリリースパーティに来て下さった皆さん。
そして関係者の皆様、本当にありがとうございました。
おかげで大成功に終わりました。

そして始まりました。

精進致します。

年明け一発目は神戸です。

詳細は後程。^ー^b
[PR]
by hisomi-tnp | 2007-12-28 16:28 | 地球/食
<< 2007年。今年もお世話になり... シュルデイズ リリースパーティ... >>