ブログトップ

hisomi a la mode

hisomi.exblog.jp

心持ち。

先日、赤城山で行われたスペースサファリの会場から駐車場までの約2キロの山道を歩きました。
旨い物を食べ続けること数時間。満腹のせいかなんとなく今日はここまでという気持ちになったので早々と帰路に付きました。
帰宅後、何故だか「歩こう」という衝動にかられ伊勢崎から桐生方面へ只管に歩きました。
いつもならば車に乗って数秒で通り過ぎてしまうような道端、突然現れた墓地や番犬で肝を冷やしました。
一方では灯りの無い道路に危ないなぁと感じ、一方ではその排気ガスの充満具合に眉間の皺も消えませんでした。
途中「座りたい」という欲求を満たすべく某パチンコ店へ。小休止のつもりが中休止くらいになり、懐も少しばかり温まりました。
食べ物や肥料、排気ガスや雨上がり匂いが漂い、小石がハマってカツカツとタイヤを打鳴らしている車、自転車のライトを発電する音、
ズンズンドンドンいわせている車、田舎道に溢れる雑音。紛れも無く日常ライブ中。
その後、コンビニに立ち寄り魔法瓶の三年番茶を注ぐ。その保温ぶりに関心しながらちびちびと飲んでいると、パトカーに乗った
警察官3名が現れました。こちらに目をやったものの、何も声を掛けてこなかったことに驚きました。見るからに怪しいのに。。。
髭面でリュック背負った人間がコンビニの駐車場に座って魔法瓶片手に佇んでいるのになぁ。犯罪を抑止する意味でも挨拶ぐらい
しておくと良いのにね。ま、良いですけど。そんなこんなでこの日の歩行距離は述べ約10キロくらい。その間にあったラーメン屋は
10件だったかな。久々に足が棒です。後悔してます。中間くらいで振り返って、「あぁ、戻るに戻れないなぁ...」と感じました。
不思議なのはそれから人と話すとなんだか落ち着いているんです。つまるところこれは坐禅だったり写経だったりにとても近い状態
なんじゃないかなぁと思いました。今回は「歩き続ける」でしたが、只管に何かを「続ける」という行為。
これは自ずと心と体が調和することを意味しているんだなぁと。
勿論たった今も筋肉痛で足は棒だし、後悔しているけど得るものはあったなぁと。
人間は産業革命で既にタイムマシーンを手に入れているんだと実感しました。車に電車、飛行機、彼らはタイムマシーンです。
それらに乗る人々は言わばタイムトラベラーです。心持ちひとつで変化は望めるような気がした一夜でした。
[PR]
by hisomi-tnp | 2008-05-13 00:11
<< LSCとティピ族と神輿 5.2.FRI@『carhar... >>