ブログトップ

hisomi a la mode

hisomi.exblog.jp

libido

a0026058_229144.jpg


群馬で生まれ、群馬に生きています。潜です。
そこに誇りを持っています。けれど地元でもそうでなくても
今立っている場所を誇りに思うことが何より大切なんだと思っています。
さて、最近はというと、良い銭湯に巡り会ったのでそこに行きつつつつつ〜。
とある本を読んでいます。

「鳥たちの舞うとき」

そんなタイトルの本です。
著者は高木仁三郎さん。
2000年に亡くなられておりますが、群馬の前橋市の生まれで
原子力資料情報室の前・代表をなさっていたそうです。
そんな方の小説です。
建設予定場所こそ群馬ですが、もはや関東の...いやいや日本の問題であると言っても過言では無い
「八ツ場(やんば)ダム」とのリンクも感じられる作品です。

群馬には群馬の問題があるし、その地方各々にも問題はあると思います。
さらには大きくそして深い海を越えれば世界には世界の問題があるわけですが、
その全てが間違い無く同じ地球の現実なものであるという認識と理解を持って、
自分達はどうすれば良いのかということを意識していかなければならないような
気がしています。実際、多くの事柄の原因はやはり人と人、個人同士の摩擦によるもので
あると思うし、だからこそ一人一人の心掛けがより大切なことになっていくのだと信じています。
まずは、自身で多くを求めず、人に優しくありましょう。
本当の答えは物凄くシンプルだから余計に現代のインスタントなもので見え難くなってしまっているのかもしれません。シンプルとインスタント、シンプルとイージーはきっと全くの別物です。

スマイル。スマイル。スマイル。

で、そんな中、Ni-YANGと六ヶ所村を思う曲を書こうということになりました。

この問題への理解や賛同は是非ともして貰いたかっただけに、
「待ってました!!」という気持ちでいっぱいになったのを覚えています。
トラックはSTOP ROKKASHOの一周年記念イベントへ参加した時に沖縄のカクマクシャカくんや
熊本のマウスピースくんと共に共演した宝生久弥くんにお願いして作って頂きました。
さらに群馬屈指のバンドである「天狗」からエイジくんに、前向きで真直ぐな言葉と叫びで参加して頂きました。

僕らは不器用に音楽と社会と生活と、仕事とをうまくバランスを取ろうと必死で生きています。
音楽を好む多くの人の中には少数とはいえ緩み過ぎてマナーもモラルも無い方もいますし、
逆に仕事でガチガチの生活をする人の頑固な頭も中々手強いものです。
だからこそ音楽には互いの橋渡しをすることができるはずであると信じたいです。
例えば、ライブに来てくれる若い子達が、直接大学教授の講演を聴くことが無くても、
こちらがその講演を観て、感じ、その子達に伝えてあげられると思うんです。

というわけで。できたてホヤホヤのほっかほっかです。
下記よりダウンロードできます。

libido.mp3

ダウンロードできない方はこちらから。
http://stop-rokkasho.org/hear/

【libido】
Lyrics: Hisomi-TNP+Ni-YANG
Tracks: Hisaya Housho
Shout: eiji (tengu)


(Ni-YANG)
非常に大胆な試みの様にみえる
巧みに操る操作する顔は無表情さ
糸が途切れてとんでいくカイト
大空に羽ばたく無数の自由な回答

もしも

人は求める事を頻繁に制御できる装置を開発
出来るのならば山と海と川と大地と永遠を

逃げていくであろう過去と 未来のやり場の無い想像
エゴイスティックな夜は 宙に舞うホコリのよう
地球儀をまわすその小さな手のひらを惑わす
迷わずに進むべき道を表す 光を照らす

雪が降れば庭に出てはしゃいだり
騒ぎ立てる夏がくれば
かき氷マシンで氷削って話しかけたり
全て地球と空の間で起こる物語みたいだ

本日、ヒト科つまり人間は地球から飛び立とうとしている
大きな金属の固まりで地球から飛び立とうとしているんだ
まるでサーカスの出し物みたいな出来事が起ころうとしているんだ

ダークフォース的な 三次元からくり劇場とでも言おうか
夏がくれば思い出す思い出でも語ろうか?

(Hisomi-TNP)
極彩色に群がる虫 彼等は 時を
前借りしたんだ 人が生と死を分けたから
蜘蛛の糸も神の意図もどちらも見えないほどに
理由だの価値だのに 温もりさえ感じて
掴めるものに 手を伸ばし輪郭 探った
自分と自分以外と地球を感覚で三角で結んで
ど真ん中に置いた意識からグルっと見渡す
角度で見え方が違うことは 知っているはず

右左で揺れる賛と否が例えば 阿吽ならば
数歩先の中心に必ずある 奥の間
不可欠なものは慣れやすい故にとても忘れやすい
先回りで後悔して現実を選べばいい
要の根っこを忘れ 飛んでいく 無責任な族に
優しくなれない 不器用が故に 矢鱈に
迷い込み彷徨い果たして何処に繋がるトンネル
今日は今日でまたどこかで産声が聞こえる

依存が生んだ苦 楽選んだ分の毒
知った後の行動が 晃晃と方向示す
火消すな 吐いて捨てる程の 混沌の報道
本当を探す旅 生命線から日の出


それから、何度か現場で署名用紙を持っていないかと尋ねられることがありますが、
正直なところ常備しているわけでは無いです。ごめんなさい。
是非、個々のイニシアチブ由来で探究してみて頂けると幸いです。
PCの環境が無い方でも携帯から「六ヶ所」をキーワードに検索してみるだけで多くの情報に
出会うこともできますし、それに関する書籍や記事、イベントなどに目を向けて頂くことも大切な
アクションであると思っています。

六ヶ所核燃料再処理工場の本格操業に向けた「安全協定」に署名しないように
青森県県知事に求めるサイバーアクションへのご参加は下記のURLからお願い致します。

スイッチOFF六ヶ所再処理工場 スイッチON自然エネルギー
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/enerevo/switch1/?gv
[PR]
by hisomi-tnp | 2008-09-15 20:53 | Save Our...
<< 工房と住居とスタジオをつくる。 新曲「ね は む」 >>