ブログトップ

hisomi a la mode

hisomi.exblog.jp

振り返るなら学ばなければ。

2008年ももう残すところあと4日程ですね。
このブログを観てくださっている方々から行く先々で声を掛けて
頂けることはとても嬉しいことです。ありがとう。

少し、内容的にジメッとしてますが、

ここ数年で自分という人間を知ってもらうことの難しさは
個人差はあるけれどそれなりに経験することができました。
例え自分が100を晒していても純粋に相手が50だと感じていれば
理解してもらえることはないのかなぁと感じることもありました。
多くの人の心を揺り動かすゴシップがどれだけ甘い蜜で、
そしてそれは今思えばどれだけの繋がりがそこに存在しているのかを
互いに試されていたのかもしれないと思うようになりました。
つまり、互いに未熟だったのかもしれません。
多くの仲間との心の別れと、心の繋がりを再確認して、
「信じること」を表すために今、何をするべきか、
そんなことも自分なりに考えてみたりもしました。
「幸せなら手を叩こう」というように、
態度で示さなければ簡単には伝わるものじゃないのかもしれません。
それも感じているんです。
嫌だけど感じているんです。

究極な意思や意見の交換とはやはり1対1に在ることも実感しています。
世の中の、そして自分の中のあらゆる問題における事実関係は当人同士でさえ
分からないかもしれないし、だからこそそれ以外の人間がどうこう言うのも言われるのも
無意味を通り越して不躾な話だと思うわけです。
例えば仮想の根拠で憶測を述べないようにしなければなりません。

言葉は簡単に人を傷付けるし、
言葉ひとつで地の底から救われることだってあります。

人を傷付けるより
人を救いたいと思い

どんなことが人を傷付けるのかを考える。
要するに「人を思いやる心」。
この理解が多くの人の心で根付くことで
明日の景色は間違い無く変わってくると信じています。
僕自身そうやって景色を変えてきたんです。

音楽云々を取り払って、自分とこの世の中、この地球を意識した時が、
「選択」する、「選択」できる時なんだと思います。

健康で良い年末を♪


2008 師走 潜
[PR]
by hisomi-tnp | 2008-12-27 11:33 | 時の声(war cry)
<< 引越完了諸々着工 KROWN5 お疲れさまでした... >>