ブログトップ

hisomi a la mode

hisomi.exblog.jp

益子の人々

こんにちわ。
なんだか「夏」という日も数えるくらいしかなかったような気がしますね。
潜です。

先日は数少ない人間潜の良き理解者(であると勝手に思っている)U君達の主催する
敷島のBBQに参加した〜い。と思っていましたが、益子へ向かう予定があったので、
残念ながら参加できませんでした〜。
この場を借りて、すみませ〜ん。OTZ
また猪の話を聴かせてくださいませ。

そんなわけで堪能させて頂いちゃいました。益子。
行くのはいつも陶器市の時だったので今回はとても新鮮な旅になりました。
快く僕ら夫妻を案内してくださったのは、庄司千晶さんという作家さん、
数年前にビビッと目に入ったお皿。。。。
では無くてその横にあった賽子。
なんともいえないそのセンス。賽子に唯一求められる正確さを正面から覆した作品でした。

「これ、売り物ですか?」

という言葉からはじまり、今回、やっと陶器市以外で遊びに伺うことができました。
まずzuofang 吃という素晴らしく柔らかい雰囲気のお店でエスニックでスパイシーなランチを頂きました。
それから工房を見せて頂いたり、吉村和美さんというこれまた素晴らしい作家さんをご紹介頂き、
なんと益子のパン屋さんツアーをしてくださいました。
最初に向かったのは panemさん、
そしてpain de musha mushaさん、そして益子 もえぎ本店で一息。さらにBoulange770さんに伺いました。
しばらく内側に向かっていたものが、ここへきて一気に外側へ放出されたようなそんな一日でした。

ああ。

みんなちがって、みんな美味しい。
[PR]
by hisomi-tnp | 2009-08-17 18:57 | タビユケバ
<< 足利で食べる人情たっぷりの焼き... 8月9日。リビド。アンビエント。 >>