ブログトップ

hisomi a la mode

hisomi.exblog.jp

カテゴリ:Save Our...( 87 )

作らないを作るという選択

六ヶ所村の再処理工場の問題を考え頭を抱える中、先日高知県は安芸郡東洋町の田嶋町長が原子力発電環境整備機構に、高レベル放射性廃棄物最終処分施設候補地への応募書を昨年3月に提出していたことが明らかになった。問題そのものはこの小さな町で起きている、しかしこれは明らかに日本という国レベルで関心を持つべき問題ではないだろうか。

賛成派の住民が「夕張みたいになってしまうぞ!」と叫ぶ。
夕張が財政破綻をしたことは記憶に新しいが、破綻のきっかけはそもそも国の行革にあるのではないだろうか。
それを国側が「支援」という形で関わっている辺りの矛盾といったらない。
勿論高齢化というのもひとつの原因だろう、賛成派も反対派も、双方にある共通点は若者の姿が殆どといって
いいほど、見られないことだ。自分達が住んでいる国への関心の無さは未来への恐ろしささえ感じてしまう。
今回のような判断が選択肢に加えられる背景には、やはり都心への一極集中による地方の過疎化があるのだと思う。

極端な話、都心に出た者達が全国から地方へと戻り、各地を潤わせることが出来たならどれほど良いだろう。
渋滞も緩和され、帰省ラッシュなどという言葉も珍しくなるかもしれない。
無論そんな簡単なことではないだろうけど。。。

しかし根拠も無くただ詳しいであろう人が「安全だというからには安全だろう」という判断をどう思うだろう。
町長に応募の話を持ち掛けたのは、NPO法人「世界エネルギー開発機構」と称する団体の理事(66)だというが、安全性の立証も無いというのに、受ける方も受ける方だが、持ち掛ける側も考えものである。
我が国の安全だという技術がどの程度のものかは知らないが、関東大震災や阪神淡路大震災から見ても、地震という災害に人間の力が及ぶとは思えない。
東海地震による浜岡原発の危険性が叫ばれる中、高知もまた南海地震の危険性を抱えている。
忘れてはいけない、ここ日本は地震大国なのだ。
2010年に運用開始予定の地震や津波を観測、監視するシステムの構築事業に15億5800万円もの費用が盛り込まれているようだが、せっかくの最先端の観測機器達も予想を遥かに超える核の事故まではカバーできないだろう。

五百円玉を百円玉で買っているようなものだ。
行為その物が「買う」というプラスな行為であっても、実際には「マイナス」を増やしてしまっている
とでも申しましょうか。。。

我々が考えなくてはいけないのは、物事が動く時に発生する中間マージンを糧として生活するものは、
そのどちらにせよ現れてくるものなのだから。、『作ることを作ることで埋めていく』進歩ではなくて、
『作らないことを作るという発展』が必要なのではないだろうか。

声を出そう。

原子力はいらない。

これ以上発展ばかりに目を奪われるよりも、少しでも足並みを揃えて格差の幅を狭めたいものだ。


[PR]
by hisomi-tnp | 2007-02-28 15:37 | Save Our...

コアフェスティバル終了=開始

a0026058_1033321.jpg


コアフェスティバル、無事終了致しました。

御来場頂いた多くの皆様、足を運べずとも応援のメッセージを下さった沢山の皆様、
そしてこのイベントに携わって下さった全ての皆様に心より感謝致します。

総勢500人ともいえる会場内の熱気は上映会の立ち見も出るという大盛況でした。
a0026058_10385112.jpg
写真は「六ヶ所村ラプソディー」上映会場の蔵です。

食や服飾、音楽、芸術、あらゆる思考、そしてあらゆる年代、性別、人種、それらを
越えた繋がり。

人間は自然には逆らえないし、自然を尊ぶべきではないだろうか。


a0026058_10423287.jpg

自分達にデキルコトは確かに小さなことかもしれない、
しかし、その先にあるのはきっと明るい未来だ。
大切なのは意識の向かう方向なんだろうと思う。


この日。何かが間違い無く変わったはずだ。
a0026058_1045479.jpg


ありがとう。

ありがとね。

ありがとうございました。
[PR]
by hisomi-tnp | 2007-02-22 10:45 | Save Our...

『CORE FESTIVAL/コアフェスティバル』

a0026058_18263710.jpg
こんばんわ。
最近伝書鳩の事で頭がいっぱいの潜です。
情報で溢れる2007年、
今でこそバイク便やネットといったデータをやり取りする手段が、
多数ある中、「伝書鳩」という存在はもはや過去の英雄だったのだろうか。
近年、爆発的に普及した携帯電話、それらが放ち続ける電磁波。
伝書鳩の持つ方向感覚を司る器官はこの電磁波の影響でその力を失いつつあるようだ。問題なのは、どうやらこの特別な器官とほぼ同等の役目を果たす器官が人間にもあるらしい。

つまり、人間も進行方向の感覚を失いつつあるのかもしれない。

そんな人間の新たな道標となるのではというイベント。

『CORE FESTIVAL/コアフェスティバル』
http://rtrec.com/corefes.html

いよいよ今週末の2月18日(日)に開催です!
「六ヶ所村ラプソディー」の上映会もございます。

「無知の知 6MCs REVAMP」で共演した、
マウスピース(熊本)&eleven(サンフランシスコ)の両名も参加することになりました。
a0026058_18273510.jpg

是非、足を運んでみて下さい。



[PR]
by hisomi-tnp | 2007-02-12 18:28 | Save Our...

無知の知から考える

「無知の知 cell division ver」
http://kakumakushaka.com/bonus/cell_division_mix.html

http://rtrec.com/rokkasho.html

絵:Tsutomu Hirakawa
詩/音:Hisomi-TNP/6
production credit
samples "Rokkasho (main theme)" by Ryuichi Sakamoto / Team 6

a0026058_22352483.jpg


皆様こんにち和。
hisomi-tnpでございます。
さてこの度、『STOP ROKKASHO』に参加させて頂いた『無知の知 6MC'S REVAMP』に続く
『無知の知 cell division ver』を発表させて頂きました。
僕自身この核燃料再処理工場の問題は坂本龍一やShing02を始めとする『STOP ROKKASHO』により
はじめて知りました。
そして調べれば調べるほど、知れば知るほど、思うんです。
賛成です。反対です。で片付ければ良いのでしょうか。
勿論無い方が良いとは思います。
家族を養っていかなければならない仕事の無い人にとって、その仕事は感謝に値するのかもしれません。
しかし文字通り、「身を削る」仕事であることに違いはありません。
皮肉なものです。。。
この問題の難しさは核汚染の証拠が立証しにくいということにもあります。
何十年という先の話をしたところで信憑性に欠けるのも事実です。

多くのメディアにおける情報の垂れ流し状態が、より一層の国民の現実至上主義を引き立たせているのかな。「安全」が生んだ「危険」への好奇心は無謀とも思える選択をさせる。
そんな中、僕のような片足を会社員という湯に突っ込み、もう片方を音楽という水に突っ込んでいるような人間にもできることはある。
こういった社会的な問題は、興味のある者が口にし、興味のある者が耳を傾ける。
そこに生まれる共感や反論も興味があってこその話だ。
例えばこの『無知の知 cell division ver』の歌詞に統計結果や単位、難しい言語を並べていったところで、
心に訴える以前に、専門家の鼻にかかってしまうだけかもしれない。
それは勿論、僕の勉強不足でもあるだろう。
しかし、そこを論じていったい何になるというのでしょう。
僕が伝えていかなければならないと考えるのは、あくまでも僕のライヴを観てくれている人達や聴いてくれている人達だ。
再処理工場になんの興味も持っていない人にこそ聴いてもらいたいと思う。
誰の為だの自分の為だの言うつもりは無い。
ただ漠然と止めなければいけない気がするだけだ。
核のゴミに汚染された海水や大気は地球上に生きる動植物の源であると言っても過言ではありません。
そこから核はバケツリレーなのか、雪だるま式なのか、連鎖して我々の口にする食事へと姿を変えるのです。人間も常に細胞分裂し続けているわけですから、当たり前にそれらを栄養とし、体が形成されているのです。
それだけで充分危険であると言えるのではないでしょうか。
1コインで手軽に空腹を満たせるこの日本という国、一方では廃棄処分される食物、
ビルの天辺から夜景を楽しむ人間、今、食べる物を探して彷徨う人間、
問題は数多にあり、問題は一つだ。
すべてが間違い無く、どこかで繋がっている。
日本の変化は日本人の変化、日本人の変化はその性格の変化、
性格の変化は食事の変化、食事の変化は作物の変化、
作物の変化は環境の変化、環境の変化は........

今、何をすべきか、考えましょう。
 
2006年、目まぐるしく流れる現代に流されないように必死でいる者や流されている者、大切なのはその流れから一歩下がって様子をみることだ。
選択するのはあくまでも自分だ。
情報に気をつけましょう。

2006 無知の知から考える。

潜 合(-人-)掌
[PR]
by hisomi-tnp | 2006-11-16 22:35 | Save Our...

無知の知@寺田本家

こんにち和。

僕にとっての連休最後の月曜日、千葉県は香取郡にございます、酒蔵「寺田本家」にパートナーと共に仕込み体験に行って参りました。

a0026058_2355380.jpg

電車での長旅は過酷な中にも得る事の多い大変素敵な休日となりました。
主催して下さった酒屋さんの福田さんには大変お世話になりました。アキさん達とも合流してテンションは早くも揚がっておりましたぁ〜♪
内容はといいますと、水浸しだったり、アツアツっというシーンだったり、サウナ状態だったり、発酵三昧の数時間でした。
詳しくは皆様にお会いした時にお話させて下さいませ。笑
書けば長いので。。。

当日はアフリカンダンスがあるから楽器がある方は持参もアリ♪
と、いうわけで「ちゃかぼこ」さんで購入したジャンベを持っていきました。なんとなくゆったりセッションな感じなのかな〜?と思いきや、ライブに参加することになりまして、驚
アフリカンダンスとジャンベ2名、リズムをキープするのに必死になってしまいました。笑
まだまだだなぁ〜なんて思いつつ、大森秋治郎さんやアフリカンダンサーさんともお話が出来てよかったなぁ〜☆
集まった皆様の前で自己紹介することになり、「無知の知 6MCs REVAMP」の僕の部分をアカペラで聴いて頂くことができました。

一度目はお恥ずかしながら失敗してしまったので、二度歌わせて頂きました。

そうそうそれから寺田本家にいらした素敵な方の八丈島の唄や、貝殻節も良かったなぁ♪
なんだかこう、心を打つ声ってのはホント素敵です。

貴重な体験と素敵なお話の数々、もう感無量で帰りの電車では少し眠ってしまいました〜。

今日お会いする事の出来た全ての皆様に感謝致します。

潜 合(ー人ー)掌


p,s.ざっとな日記でゴメンナサイ。
a0026058_23523654.jpg
[PR]
by hisomi-tnp | 2006-10-10 23:53 | Save Our...

核の核

a0026058_10462536.jpg

曲がアップされました。
聴いて下さい。
http://kakumakushaka.com/bonus/Muchi_No_Chi_6MC_Revamp.html

六ヶ所村の事を知ってからどれくらい経っただろう。賛成、反対、様々な声が飛び交う中、
興味深いニュースをパートナーが教えてくれた。
『人は時給608円で生きられるか?』という「最低賃金生活体験」の実験が青森県の県労連の職員4人によって行われたという。
05年度の都道府県別の最低賃金は東京が714円、神奈川が712円という中、青森は岩手、秋田、沖縄を含む7県と並んで608円。これで22日間(1日8時間)の勤務で算出した手取りはなんと1カ月94227円。ここから青森市の標準生計費を基に出した住居費21820円を引く。(しかし実際21820円で住めるところってどんなところだろう)これで残りは72407円、その中から食費も引かれる、食事は冷や麦やカップ麺、コーヒーや水で空腹をごまかしながら過ごす。携帯電話代や、ガソリン代もここから引かれていくのだから、どこかのお偉いさんを接待したり、29日だから今日は焼肉!といった余裕なんてものは微塵も無い。皆尽くギブアップしていく。
この結果、県労連は「最低賃金では、最低限の生活すら送ることはできない」と最低最賃の引き上げを求めているとか。
で、俺が言いたいのは頭ごなしに『反原発』を掲げていく気にはどうもなれないなぁと。
だからといって肯定するつもりなどは全く無い。ただ重要なこと程、より個人的な心情や事情が絡んでくるだろうから、我々が原発で働く人々を一概に責めるのはどうかと・・・。 問題とするならば、そういった低賃金の状況下にある人々が住む青森という場所を選択した理由や、全国における賃金格差の現状も視野に入れていかねばならないと思う。
例えば、人減らしをするほど企業減税される産業再生法の制定が延長されたことにより企業のリストラは増え、必然的にフリーター、派遣社員なども増加していく。またこれにより企業側に雇用の選択権の割合が増えれば、労働者の雇用は不安定になる。
結果、日本の雇用は実に無責任なものへと肥大していく。
企業が自由に儲けるということは労働者保護が頼り無いものへと変わってしまう恐れを含んでいるわけで、肉体的、精神的な健康被害の他、過労死の危険性も見え隠れすることになり、そのバランスがいかに大切なことかを痛感する。また一方ではこれにより、ニートなどの勤務意欲の全く無い人を生み出し易い環境を育ててしまっているのかもしれない。
勿論同時に挙げられる問題として、既に形成されてしまった自我を持った人々の意識改革も必要とされ、複雑に連鎖してしまった現実にぶち当たることは避けられない。
いずれにせよ、こういった渦中の人々に各々事情があるのは、身内で考えてみたら容易に想像できることだ。
現実を見ろ現実を見ろと騒がれる中、多くの人々はいち早く「安全」や「自由」を得る為にはそれなりの時間的、金銭的余裕が必要であるという「もうひとつの現実」を実感させられ、覇気を失ってしまったのでは無いだろうか。

現在、俺自身が再処理工場停止に向ける気持ちは変わらない。

しかし地球の人の数だけある「現実」という枝を伸ばす大木の「根」に、俺達は少しでも近付かなければならない。

「核の核」 に。


そろそろ梅雨明けるかなぁ・・・?
[PR]
by hisomi-tnp | 2006-06-29 17:12 | Save Our...

核と人間

ここにある文章をご覧になって下さい。
http://genpatsu_shinsai.at.infoseek.co.jp/hirai/
今、やらなければならないこともあります。
今までが現在を作り、これからを今作っていることを知って下さい。
あれがしたい、これがやりたい、それが欲しい、そんな欲求の大前提になる問題です。
人類の存在そのものを脅かすものです。
確かに我々が生きている間はなんとなく大丈夫かななどと思われるかもしれません。
しかし、想像してみて下さい。

尻拭いをして苦しんでいくのは我々の子供や孫、なのです。

青森県にある六ヶ所村に建設された核燃料再処理工場の試運転を阻止しましょう。
何かが起こるまで事を起こさないのは認めたのと一緒になってしまいます。
不用なプルトニウムを抱えることが負の連鎖を産まないとも限りません。
被爆国という意識が年々薄れていくように感じる今、
自分の国に起こっていることに無関心なままで良いのでしょうか?

極端な話、微量でも感染するウイルスがあるように、
1人でも多くの行動が、大きな力になるのだと思います。

だから、俺なりに行動していこうと思います。

これ見た皆も宜しく頼みます。
まず、この文章まんまコピぺで構いません!!
広げて下さい!!

http://cnic.jp/rokkasho/
止めよう!六ヶ所再処理工場のサイトです。
核燃料再処理工場の試運転入り中止を訴えるチラシをダウンロードできます。
個人レベルで構いません!コピーして配布しましょう!!

http://stop-rokkasho.org/
坂本龍一さんが始めたプロジェクト。
この問題を坂本龍一さんをはじめ、Shing02さん、DJ A-1さんらが参加し、音楽やアートで世界に訴えております。
「ROKKASHO」という唄のMP3がダウンロードできます。

http://www.e22.com/shing02/lyrics/frame_lyrics.htm
歌詞はここで是非ご覧になって下さい。

http://www.e22.com/rokkasho
このプロジェクトを訴えるポスターやフライヤーの
データです。ご自由に使用ください。

http://www.e22.com/shing02/writing/politica.htm
なぜ?という人のためにShing02さんが文章を書いております。
[PR]
by hisomi-tnp | 2006-05-19 11:58 | Save Our...