ブログトップ

hisomi a la mode

hisomi.exblog.jp

<   2005年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

集団心理

今から2年半程前に、韓国の地下鉄構内で停車中の地下鉄が放火された。
この事件で問題視されたのが所謂、群集心理の危険性を投影した列車内で充満する煙の中で乗客が座ったまま動こうとしない写真であった。
通常では到底考えられない光景だ。
ここに、異常と正常の誤認を促す「正常性バイアス」という心理状態と群集心理で誰かが動けば動く、或いは誰も逃げないから大丈夫という「多数派同調バイアス」が働いているらしい。(世のいじめなんかもコレに近い心理だろうな)
これは実に不確かな証拠、つまり思い込みにすぎない。
先日、東京の友人が大地震がくるという話を受け、避難の準備をしていた。
しかし、実際に地震は起こらなかったようだ。
でももしも本当に起こっていたらどうだっただろう。現実、避難の準備を整えた人間がどれだけいたのだろう。
何事も災害や事故はタイミングで起こるのだとしたら、脱出の判断のスピードが生死を分けるのは言うまでもない。
群衆に見られる傍観者的観点は否めないが、他力本願ばかりが溢れてしまったら...と考えると少々恐ろしいものがある。

しかしながら人間自体も群れることで、今現在の位置を築き上げてきたのもまた確かなことであるから、一概に否定的な言葉を並べることはできない。

今後自分も含め、人間の心理的進化がどのように成されていくのか、まったくもって興味深い問題である。

因に、自分は地震を察知すると直ぐさま出入り口となる戸や窓を開ける。
これは既に無意識に組み込まれた避難の術である。

お粗末。
[PR]
by hisomi-tnp | 2005-06-22 23:51 | 繁栄のムコウ