ブログトップ

hisomi a la mode

hisomi.exblog.jp

<   2006年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

不自然カントリークラブ

本日ラジオでとある演歌歌手が話しておりました。

「私、自然が大好きなんです、だからゴルフ場のあの緑は
ホント癒されるんです。」

........ゴルフ場は農薬が使われております。

安全であるという話ではありますが、こういった形の自然の維持は、
むしろ不自然なんじゃないかなぁと思ったりします。

結びに、
「皆さんも是非、自然いっぱいのゴルフ場へ!」

なんて言っておりましたが、リゾート開発ってのもある意味考えものですね。

できればこの演歌歌手にはムツゴロウさん辺りと少し過ごしてもらいたいものです。


 自然だと

  思っているのは

   箱庭よ


[PR]
by hisomi-tnp | 2006-08-30 11:14 | 繁栄のムコウ

同じ人間の行い

アメリカ、日本、ロシア、イラク、イラン、中国、北朝鮮、韓国、
地球上にあるこの国々に、住む人間もまた様々である。

戦争を起こす者、平和を望む者、無関心な者、そういった全てが、
各々の国に大かれ少なかれ存在している。

これはつまり、国そのものが悪いとか善いとかいう表現を根底から覆す事実だ。

日本人でアメリカ人よりもアメリカンな人もいれば、
アメリカ人でありながら日本の文化に魅了され、僕らよりも遥かに日本人ぽい人だっている。

そんな中、あるブログを拝見していたところ気になることが記されていました。
中国は雲南省の牟定県という地域における大量の犬の処分の話でした。
その数なんと5万匹。
何でも狂犬病に感染し死亡した人間が出たことが発端だそうです。

現在、日本では狂犬病の予防接種が義務付けられているせいか、
殆ど日の当たることの無い話題でしたが、
今回のこの中国における狂犬病の予防接種率はたったの3%だそうです。
これは大変注目すべき点です。

同県では、犬退治チームが組織され処分は行われ、飼い主への補償金は1匹当たり5元(約70〜72円)が支払われたそうです。
意味がわかりません。

街頭で飼い犬を殴り殺されるという行為は果たして得策だったのだろうか。
確かに狂犬病の恐ろしさを知らずに、ただ残酷であるとは言えないかもしれない。
しかし、それが「民衆を守るため」だというのはどうも気に入らない。
本当に「民衆のため」を思うならば、何故に予防接種率3%という状況への対策を視野に入れてこなかったのかということだ。

日本における雇用の問題も然り、近頃の社会は問題が起ってからの対応策が間に合わせ過ぎるように思う。
確かに全て処分することは直接的な解決を生むだろう。
しかしながらその根本の理由を見て見ぬふりをしているように思えるのも確かではないだろうか。

これを読んで、感じ方も各々であるとは思いますが、
あくまで僕個人のお願いとして、

署名をお願い致します。


ちなみにそういったことが起っているという事実を知ることもまた大切なことだと思いますから、勿論アドレス等の記載が必要なため、御自身の判断で構いません。
[PR]
by hisomi-tnp | 2006-08-29 16:53 | 時の声(war cry)

畑と雀と俺と妄想


そこは荒れ果てた地。

ほんの少し前まで私の家族や私の家があった場所。

大きな鉄の塊が、大きな音と一緒に通り過ぎていった。

そうしたらそこにはなんにもなくなってしまった。

それでもまた来年、私はそこに家を建てるだろう。

生き残った私には、生きている私には、

これらを伝える使命があるのだ。
[PR]
by hisomi-tnp | 2006-08-23 11:21 | 地球/食