ブログトップ

hisomi a la mode

hisomi.exblog.jp

<   2006年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

無知の知から考える

「無知の知 cell division ver」
http://kakumakushaka.com/bonus/cell_division_mix.html

http://rtrec.com/rokkasho.html

絵:Tsutomu Hirakawa
詩/音:Hisomi-TNP/6
production credit
samples "Rokkasho (main theme)" by Ryuichi Sakamoto / Team 6

a0026058_22352483.jpg


皆様こんにち和。
hisomi-tnpでございます。
さてこの度、『STOP ROKKASHO』に参加させて頂いた『無知の知 6MC'S REVAMP』に続く
『無知の知 cell division ver』を発表させて頂きました。
僕自身この核燃料再処理工場の問題は坂本龍一やShing02を始めとする『STOP ROKKASHO』により
はじめて知りました。
そして調べれば調べるほど、知れば知るほど、思うんです。
賛成です。反対です。で片付ければ良いのでしょうか。
勿論無い方が良いとは思います。
家族を養っていかなければならない仕事の無い人にとって、その仕事は感謝に値するのかもしれません。
しかし文字通り、「身を削る」仕事であることに違いはありません。
皮肉なものです。。。
この問題の難しさは核汚染の証拠が立証しにくいということにもあります。
何十年という先の話をしたところで信憑性に欠けるのも事実です。

多くのメディアにおける情報の垂れ流し状態が、より一層の国民の現実至上主義を引き立たせているのかな。「安全」が生んだ「危険」への好奇心は無謀とも思える選択をさせる。
そんな中、僕のような片足を会社員という湯に突っ込み、もう片方を音楽という水に突っ込んでいるような人間にもできることはある。
こういった社会的な問題は、興味のある者が口にし、興味のある者が耳を傾ける。
そこに生まれる共感や反論も興味があってこその話だ。
例えばこの『無知の知 cell division ver』の歌詞に統計結果や単位、難しい言語を並べていったところで、
心に訴える以前に、専門家の鼻にかかってしまうだけかもしれない。
それは勿論、僕の勉強不足でもあるだろう。
しかし、そこを論じていったい何になるというのでしょう。
僕が伝えていかなければならないと考えるのは、あくまでも僕のライヴを観てくれている人達や聴いてくれている人達だ。
再処理工場になんの興味も持っていない人にこそ聴いてもらいたいと思う。
誰の為だの自分の為だの言うつもりは無い。
ただ漠然と止めなければいけない気がするだけだ。
核のゴミに汚染された海水や大気は地球上に生きる動植物の源であると言っても過言ではありません。
そこから核はバケツリレーなのか、雪だるま式なのか、連鎖して我々の口にする食事へと姿を変えるのです。人間も常に細胞分裂し続けているわけですから、当たり前にそれらを栄養とし、体が形成されているのです。
それだけで充分危険であると言えるのではないでしょうか。
1コインで手軽に空腹を満たせるこの日本という国、一方では廃棄処分される食物、
ビルの天辺から夜景を楽しむ人間、今、食べる物を探して彷徨う人間、
問題は数多にあり、問題は一つだ。
すべてが間違い無く、どこかで繋がっている。
日本の変化は日本人の変化、日本人の変化はその性格の変化、
性格の変化は食事の変化、食事の変化は作物の変化、
作物の変化は環境の変化、環境の変化は........

今、何をすべきか、考えましょう。
 
2006年、目まぐるしく流れる現代に流されないように必死でいる者や流されている者、大切なのはその流れから一歩下がって様子をみることだ。
選択するのはあくまでも自分だ。
情報に気をつけましょう。

2006 無知の知から考える。

潜 合(-人-)掌
[PR]
by hisomi-tnp | 2006-11-16 22:35 | Save Our...