ブログトップ

hisomi a la mode

hisomi.exblog.jp

<   2007年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

作らないを作るという選択

六ヶ所村の再処理工場の問題を考え頭を抱える中、先日高知県は安芸郡東洋町の田嶋町長が原子力発電環境整備機構に、高レベル放射性廃棄物最終処分施設候補地への応募書を昨年3月に提出していたことが明らかになった。問題そのものはこの小さな町で起きている、しかしこれは明らかに日本という国レベルで関心を持つべき問題ではないだろうか。

賛成派の住民が「夕張みたいになってしまうぞ!」と叫ぶ。
夕張が財政破綻をしたことは記憶に新しいが、破綻のきっかけはそもそも国の行革にあるのではないだろうか。
それを国側が「支援」という形で関わっている辺りの矛盾といったらない。
勿論高齢化というのもひとつの原因だろう、賛成派も反対派も、双方にある共通点は若者の姿が殆どといって
いいほど、見られないことだ。自分達が住んでいる国への関心の無さは未来への恐ろしささえ感じてしまう。
今回のような判断が選択肢に加えられる背景には、やはり都心への一極集中による地方の過疎化があるのだと思う。

極端な話、都心に出た者達が全国から地方へと戻り、各地を潤わせることが出来たならどれほど良いだろう。
渋滞も緩和され、帰省ラッシュなどという言葉も珍しくなるかもしれない。
無論そんな簡単なことではないだろうけど。。。

しかし根拠も無くただ詳しいであろう人が「安全だというからには安全だろう」という判断をどう思うだろう。
町長に応募の話を持ち掛けたのは、NPO法人「世界エネルギー開発機構」と称する団体の理事(66)だというが、安全性の立証も無いというのに、受ける方も受ける方だが、持ち掛ける側も考えものである。
我が国の安全だという技術がどの程度のものかは知らないが、関東大震災や阪神淡路大震災から見ても、地震という災害に人間の力が及ぶとは思えない。
東海地震による浜岡原発の危険性が叫ばれる中、高知もまた南海地震の危険性を抱えている。
忘れてはいけない、ここ日本は地震大国なのだ。
2010年に運用開始予定の地震や津波を観測、監視するシステムの構築事業に15億5800万円もの費用が盛り込まれているようだが、せっかくの最先端の観測機器達も予想を遥かに超える核の事故まではカバーできないだろう。

五百円玉を百円玉で買っているようなものだ。
行為その物が「買う」というプラスな行為であっても、実際には「マイナス」を増やしてしまっている
とでも申しましょうか。。。

我々が考えなくてはいけないのは、物事が動く時に発生する中間マージンを糧として生活するものは、
そのどちらにせよ現れてくるものなのだから。、『作ることを作ることで埋めていく』進歩ではなくて、
『作らないことを作るという発展』が必要なのではないだろうか。

声を出そう。

原子力はいらない。

これ以上発展ばかりに目を奪われるよりも、少しでも足並みを揃えて格差の幅を狭めたいものだ。


[PR]
by hisomi-tnp | 2007-02-28 15:37 | Save Our...

思うに。

自信とは人に見せた時点で驕りである。


[PR]
by hisomi-tnp | 2007-02-27 12:34 | 時の声(war cry)

問題なんてのは身の回りでわかる。

挨拶を待つのが当然みたいな大人にはなりたくないものだ。

人にあと3分で地球が危ないからとお願いをする。

するとある者はそんなのは聞いてないから、
言っていないあなたが悪いでしょ?
と、そそくさと元々居た話し相手に会釈しながら「場所を変えましょう」と席を外す。

それでも訴えるとこう言い放った。

「あと5分待ってね」

人にあと3分で地球が危ないからとお願いをする。

するとある者は「いくら出せるの?」という。

人にあと3分で地球が危ないからとお願いをする。

するとある者は「相談してみます」という。
あと1分を切った時にまたお願いに伺う。
すると先程と同じトーンでこう言う。

「相談してみます」

人にあと3分で地球が危ないからとお願いをする。

するとある者は
「それ、言って回ってるの?じゃあ僕の荷物もついでに売って回ってよ」
という。

そして3分が経つ。


人を変えるには人に会わなければいけない。

人にわかってもらうには人と会話しなければいけない。

だからこれからも僕らは声を出していかなければいけない。

わからない人にはきっとわからない。

でもわかる人は必ずいる。

兎角に 人の世は 住みにくい。

小山の大将が多過ぎて困る。

だから文化も心も表側だけで薄っぺらになっちまうんだ。

といったところだろうか。。。




[PR]
by hisomi-tnp | 2007-02-23 14:32 | 時の声(war cry)

コアフェスティバル終了=開始

a0026058_1033321.jpg


コアフェスティバル、無事終了致しました。

御来場頂いた多くの皆様、足を運べずとも応援のメッセージを下さった沢山の皆様、
そしてこのイベントに携わって下さった全ての皆様に心より感謝致します。

総勢500人ともいえる会場内の熱気は上映会の立ち見も出るという大盛況でした。
a0026058_10385112.jpg
写真は「六ヶ所村ラプソディー」上映会場の蔵です。

食や服飾、音楽、芸術、あらゆる思考、そしてあらゆる年代、性別、人種、それらを
越えた繋がり。

人間は自然には逆らえないし、自然を尊ぶべきではないだろうか。


a0026058_10423287.jpg

自分達にデキルコトは確かに小さなことかもしれない、
しかし、その先にあるのはきっと明るい未来だ。
大切なのは意識の向かう方向なんだろうと思う。


この日。何かが間違い無く変わったはずだ。
a0026058_1045479.jpg


ありがとう。

ありがとね。

ありがとうございました。
[PR]
by hisomi-tnp | 2007-02-22 10:45 | Save Our...

『CORE FESTIVAL/コアフェスティバル』

a0026058_18263710.jpg
こんばんわ。
最近伝書鳩の事で頭がいっぱいの潜です。
情報で溢れる2007年、
今でこそバイク便やネットといったデータをやり取りする手段が、
多数ある中、「伝書鳩」という存在はもはや過去の英雄だったのだろうか。
近年、爆発的に普及した携帯電話、それらが放ち続ける電磁波。
伝書鳩の持つ方向感覚を司る器官はこの電磁波の影響でその力を失いつつあるようだ。問題なのは、どうやらこの特別な器官とほぼ同等の役目を果たす器官が人間にもあるらしい。

つまり、人間も進行方向の感覚を失いつつあるのかもしれない。

そんな人間の新たな道標となるのではというイベント。

『CORE FESTIVAL/コアフェスティバル』
http://rtrec.com/corefes.html

いよいよ今週末の2月18日(日)に開催です!
「六ヶ所村ラプソディー」の上映会もございます。

「無知の知 6MCs REVAMP」で共演した、
マウスピース(熊本)&eleven(サンフランシスコ)の両名も参加することになりました。
a0026058_18273510.jpg

是非、足を運んでみて下さい。



[PR]
by hisomi-tnp | 2007-02-12 18:28 | Save Our...

潜、DIYに目覚める。

a0026058_8593934.jpg
現在制作中の看板。
今は只管にbriwaxという物を塗り塗りしております。
詳しくはココ
同じような看板が¥9000近くで販売されていて、高いっ!!と感じたので、
作ることにしたわけですが、諸々計算しても¥4000位で収まりました。
しかも手作りはより愛おしくなるものです。
皆様も是非、手作りを。歪さは、愛嬌です。

仕上がったらまたアップします。
[PR]
by hisomi-tnp | 2007-02-02 09:00 | DIY/手作りっしょ

初心忘るべからず

僕らは直ぐに調子に乗る。
その昔センスが無かった者が、センスの無い者を笑う。
音楽を聴き始めた者に、得意気に話す口調、
それはいつだったか誰かが自分に話す口振りと似ていたりする。
自分が通って来た道のりを一歩ずつ歩んでいる者に、
僕らはあまりにも身勝手に、「早くこっちに来い」と言う。
小規模での共通の言語は時として境界を生む。
決して他人を悪く言うもんじゃない。
今のアイツは昨日のお前だ。
明日は逆転するかもしれない。
人間の可能性とはそれ程計り知れないものだ。
[PR]
by hisomi-tnp | 2007-02-02 02:45 | 時の声(war cry)