ブログトップ

hisomi a la mode

hisomi.exblog.jp

<   2012年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

赤堀で再び行われた桐生市の瓦礫受け入れ説明会に行ってきました。

a0026058_23344935.jpg

去る4月27日(金)に赤堀で再び行われた桐生市の瓦礫受け入れ説明会に行ってきました。
前回と同様の資料が配布され、環境省や桐生市に加え群馬県も参加していましたが相変わらずの曖昧な説明に場内からも多くのツッコミがありました。まず桐生市長である亀山氏が不在であるという点。そしてその市長から一任された立場である人間が瓦礫受け入れの決定においてどのような経緯で、誰が関わっていたのかを把握していない点。様々な直球の質問が飛び交う中でまともな答えがいくつ返ってきただろうというくらい残念なものでした。ある方は難しいことや数字とかはもういいから暫定基準が元々健康に直ちに影響は無いと言っていたのに下げたのは何故か?安全ならば下げる必要は無いのではないか?そもそもその安全と言える根拠という部分に疑問を投げかけていました。確かに冷静に考えてみればしきい値という概念を不思議に思うのは自然なことだと思います。他にもバグフィルターのこと、遮水シートのことは前回の説明会同様に出ていました。
前回よりも人が多かったのは関心の高さを感じました。やはり今後の方向を考えていくと、それほど安全であると言えるのであれば、それなりに個人として責任を取る姿勢を示すべきではないかと考えています。亀山氏は前回の説明会では「桐生市が責任を」と言いました。今回一任されて座っていた方も同じように「桐生市が」と言っていました。そもそもこんな大切なことを決定する人物を明確にせずに責任を分散するような状態に疑問があります。まず受け入れを決定した人物を1人でも複数でも公表するのは至極当然ではないかと思うばかりです。スーパーで野菜に生産者の写真やプロフィールが記載されているのと同じようなものではないでしょうか。例えば仮に我々がそういった個人に対して訴訟を起こすことは過激でしょうか?原発事故後の東電や国の対応をどう感じたでしょうか?環境省の職員は市民を説得するデータに関して、「また聞きではありますが」と確かに言いました。専門家の見解をそのまま伝えるだけの伝言ゲームは市や県、国に見られる大変重篤な問題です。伝言することが問題というよりは伝言する以上、伝言する側が十分に理解している必要があるのは言うまでもありません。そうでなければその専門家が説明に来るべきです。安全であるという責任はもっと重いはずです。前回の説明会であれだけ反対の声が出ていたにも関わらず、「賛否両論」という認識であることに違和感以外感じませんでした。多くの方が「ふざけるな」と言っていました。今後の市や県の動きに期待しています。

以前のリポートでも言いましたが、復興支援と重ねて考えて強く反対することに疑問を持つ友人もいます。しかし復興支援は勿論素晴らしい考えと行動であることは間違いありません。何度も言いますが「放射性廃棄物の扱い」と「復興支援」、もっと言えば「瓦礫の広域処理」というものはもっと別々に多面的に慎重に捉えて考え、話し合っていくことが大事であると思っています。

さて、次の説明はいつ行われるのでしょう....。
[PR]
by hisomi-tnp | 2012-04-28 23:00 | Save Our...

全国での「安易な瓦礫受け入れ」をやめさせる「効果的な」方法とは?

瓦礫受入れに限らず様々な問題を解決していくにあたって、こういった考え方を視野に入れていくのはとても大切だと思ったので転載させていただきます。子どもたちの未来に関わる大事なことを決定していく責任のある立場の人の責任が有耶無耶では示しがつきません。

ひとつのアイディアとして。

-------- 転載メッセージ --------

全国での「安易な瓦礫受け入れ」をやめさせる「効果的な」方法とは?

http://dogdaysdog.seesaa.net/article/255232636.htmlより
後半から本題に入ります。(既にご存じかもしれませんが。)色々な情報がありますが、参考になれば。
以下コピー部分

実際に安易な瓦礫受け入れをやめさせる方法をこれから説明します。

各地で瓦礫受け入れを阻止しようと、署名運動をやったり、市や県などの説明会に参加してそこで反対声明を出している人もいます。
でも結局そういうのを無視されて一方的に受け入れを決められるのでは・・・・・と徒労感を感じている人も多いでしょう。
私はそれよりも「もっと効果がある」方法をみなさんに提示したい。

瓦礫受 け入れを決めるのは「ごく一部の人間」だけです。
市長だったり町長、県の知事だったり、市や町の環境課の課長、部長クラスです。
これらの人々が「考え直す」ような方法を取るのが一番効果があると思われます。

署名を集めて提出したり、説明会で反対の意見を出しても、そういう「受け入れを決める人」は、署名や反対意見を見なかった事・聞かなかった事にして、決定を下してしまえます。
東京の石原都知事や、静岡の島田市の桜井市長、大阪の橋下市長などがそう。
彼らの決定で風評被害による経済的な損や(万が一放射性物質が周辺環境に拡散された場合は)健康被害や大切な国土の汚染を引き起こす事になるというのに、その決定をする人自身はリスクらしいリスクは負わないのです 。
リコールされたり、次の選挙ではぼろ負けする事はあるかもしれませんが、それは大半の人にとってはリスクと映っていないのでしょう。

「安易な瓦礫受け入れ」をさせないためには、「受け入れを決める人」個人個人にしっかりと「リスク」を負わせる事が非常に重要なのです。

私が提案するのは、以下のような方法です。
それぞれの地元や、全国での瓦礫処理に反対を唱えている人は、各地でこういう声明を個人や集団で出したり、記者会見を行ってください。

「当市の○○市長が被災地の瓦礫受け入れを表明しました。今一度再考をお願いします。
どうしても瓦礫を受け入れないといけないという場合は、処理場や埋立地周辺の土地が汚染されないよう、各所ごとに周辺数 十箇所に検査箇所を設けて、土壌調査と放射性物質降下量検査を一、二週間単位でやり続けてデータを専用サイトなどで公開し、汚染の早期発見とともに、汚染自体起きてなくても瓦礫を受け入れた事によって市や県の農畜産物、加工食品の売り上げ低下や、観光業への悪影響を出さないようにしてもらいたい。
これができないようなら、受け入れはしないでいただきたい。」

処理場や埋め立て地につき周辺を360度方向に何十箇所も検査ポイントを設けるのは、汚染が起きた場合は周辺が一律で汚染されるのではなく、風向きや地形、天気などによって周辺は様々な濃淡で汚染されるからです。
試験焼却では安心してて、もし「想定外な漏出」が起きていた場合も、周辺を短 い間隔と多くのポイント検査で事細かにチェックし続ける事で、汚染の早期発見をしてそれ以上の進行を阻止する事ができます。

また、「周辺に汚染自体は起きてない」としても、それを全国の人々や諸外国がしっかり納得できるよう細かいデータを提示し続けないと、風評被害が発生して市や県単位で農産物や食品の大幅な売り上げ低下をまねいたり、観光業に悪影響を与えて莫大な損害を出してしまいます。
試験焼却の排気や焼却灰の検査はそういう人たちに安心感を与える事はできません。
実際にすでに県内各所で瓦礫を処理している山形県などでは、農畜産物や観光業に悪影響を与え出しています。

瓦礫受け入れによって周囲の土地を汚染して住人に健康被害を出したり、土地の汚染で地 価の下落やテナント・物件の入居率低下を引きおこしたり、汚染自体は起きなくても風評被害を引き起こして地元の農畜産物、食品の売り上げを低下させたり、観光客減少をまねくなどして市や県に経済的な損害を引き起こした場合は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・被害を受けた多くの人々に呼びかけて参加してもらい、「受け入れを決めた人(市長や知事、町長、環境課の課長や部長)」個人・個人に対して、集団で民事訴訟を起こして多額の損害賠償を請求させていただきます。
健康や経済面で被害を受けた者達がそのまま泣き寝入りするという事はありません。
必ず訴えさせていただきます。

瓦礫受け入れを決定する方は、もっと「慎重」に考えて瓦礫受け入れの是非を決めていただきた い。
どうしても瓦礫を受け入れる場合は、本当に周辺に汚染が起きないという事をもっとしっかり検証するとともに、受け入れ後も細かい検査をしっかりやって公表し続けるべきです。

市や県の経済への影響を考えると、安易な瓦礫受け入れは考え直した方がいいのではないでしょうか?



・・・・と、こういう感じで、声明を出したり、記者会見をして報道してもらいます。
(自分らでyoutubeやustreamに流したりも)

署名や説明会での反対意見もどこ吹く風で受け流していた市長や知事、町長も、「自分が後で民事訴訟を起こされて多額の賠償請求をされるかも(裁判で負けると人生終了)」と知ると、一気に顔色が変わって脂汗を流しながら対応を検討せざるをえなくなります。

日本のあちこちでこういう声明を出したり記者会見を行うと、「考えを改めさせるための格好の手だ」と思った人などが次々と後追いで連鎖的に声明を出しはじめ、すでに受け入れを表明したところだけでなく、受け入れを検討しているところも「安易な受け入れ」はできなくなります。

健康被害や経済被害を引き起こした市長や知事、政府の役人に対して、民事裁判を「その個人」に対して行うというのは別におかしな話ではなく、最近でも大阪府の元府知事の橋下さんに対してWTCビルの件で数十億規模の民事訴訟を起こされてたりしています。
経済被害ではありませんが、薬害エイズ問題などでは当事の役人に対して集団訴訟を起こし、「阿呆な対応して多くの被害者を出した者」に然るべき重い罰 を与える事ができました。

「訴訟されて裁判に負けると数億いやもっと多くの損害賠償をするはめになる。家や土地を失うはめになる・・・・」とわかると、よっぽど能天気な人でない限りは相当受け入れに慎重になりますし、それでも受け入れを決める人は、「市や県の農畜産物、食品、観光業に少しでも経済的損害を与えないよう」に、受け入れ後の細かい土壌や降下物検査をやらざるをえなくなるのです。

なお、自治体の話になってますが、自治体とは関係なく民間企業で勝手に瓦礫などを引き受けて処理して、周囲に汚染を引き起こしたり経済被害を引き起こした場合は、これも当然ですが周辺住民や市や県の農家、メーカー、観光業などが集団で手を組んで民事訴訟を起こして、そういう「馬鹿 な事をした企業」を潰す事になるでしょう。
こっそり受け入れて処理するつもりの企業は心しておくように。

瓦礫受け入れに対して反対声明を出したり記者会見をしている人や団体もすでにいますが、「もし健康や経済被害を引き起こした場合は、必ず被害者が集団で手を組んで、受け入れを決定した個人に対して訴訟を起こさせていただきます」とつけ加えておくべきです。
これは「脅迫」ではなく、被害を受けた人(受けるかもしれない人)は行える「当然の権利」です。

各地でこういう声明が次々と出されると、受け入れを表明しているところは考え直す事になるでしょうし、検討中のところも慎重にならざるをえません。
また、山形県や東京都など「すでに受け入れてるところ」でも 、今から声明を出し、「しっかりした検査」をこれからさせるようにした方がいいでしょう。
今やってるザル検査ではなくね。

山形は急がないと、このままでは県内の産業廃棄物処理業者が儲ける一方で、農家や観光業・食品メーカーがずっと損害を被り続けるという馬鹿な話になりかねません。
山形県内の農家や食品メーカー、観光業の人が集団で手を組んで、これ以上県内の経済に悪影響を与えないよう、しっかり「宣言」を行い、きちんとした検査を要請するべきです。

こういう声明を出すと、瓦礫受け入れに対して反対している人は、いずれのケースでも「自分の望んだような結果」を得られるでしょう。

1・市長や町長、知事が思い留まって、受け入れしなくなるという結果。
2・受け入れるが、各所の周辺調査をしっかりやって、汚染が起きていた場合は早期に受け入れをやめさせる事ができるという結果。

3・受け入れて幸い汚染がまったく起きてない場合も、市や県の経済に悪影響を与えないという結果。(おまけに細かい検査で汚染が起きてないのがわかるので、周辺住民の不安も解消される)

「安易な受け入れ」は阻止できるし、受け入れたとしても周囲に汚染を起こさない(起きた場合は早期発見できる)し、市や県の人々に経済的な被害は引き起こさないという事になります。
悪くない話だと思いませんか?
[PR]
by hisomi-tnp | 2012-04-23 10:37 | Save Our...

次回のアトミックカフェは4/27です。(変更あり)

原発止めよう群馬からの転載です。

27日、桐生市のがれき(がれきは単なるゴミではないと思います)受け入れ説明会が伊勢崎地区で開かれることになりました。桐生市と伊勢崎市の合同説明会です。
焼却場敷地は伊勢崎市にもかぶっており、主に風下は伊勢崎市です。
ということで、今月のアトミックカフェはフィールドワークです。
こういう現場で原発のこと放射能のことを、考えてみましょう。

日時は以下のとおり。
● 日時 平成24年 4月27日(金曜日) 午後7時から
● 会場 赤堀芸術文化プラザ ホール
   西久保町2丁目82番地1
   電話 0270-63-1200

です。この手の説明会はなるべく多くの人が関心を持つことが大切だと思います。
都合のつく方、お集まり下さい。

桐生で行われた説明会のリポートはこちら
[PR]
by hisomi-tnp | 2012-04-23 09:24 | Save Our...

4月23日に最終処分場見学会があるよ。

ちゃかぽこ洞のこうちゃんから最終処分場見学会があるという電話がありました。
お子さん連れや妊婦の方はやめておいた方が良いですが、有志は是非。
遮水シートでさえ危ういのにブルーシートの耐久年数なんて短いものです。
一人一人が意思表示をしないで有耶無耶にしていたら好き放題やられてしまいます。
個人的に思うのは政治的な事柄はいつも平日動くというのが厳しい限りです...。

日程は下記のとおり。

4月23日 午後1時30分 現地集合
場所は、桐生西高校の交差点をセメント会社のほうに向かい、そのまま200m先の右側です。

続いて新里清掃センター見学会(最終処分場を含む)は下記のとおりです。
4月23日 午後3時 現地集合
新里清掃センター(新里カリビアンビーチの隣り)です。
市民の人たちに実際に現状を見ていただくことが大事です。
興味ある人は、現地見学に参加してください。

http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/690084/577297/72374882
[PR]
by hisomi-tnp | 2012-04-20 09:04 | 時の声(war cry)

犬と人の子の憂鬱にパンが寄り添う日

a0026058_1543149.jpg


飼い犬は飼い主を選べない。
人の子も親を選べない。
否、選んで産まれてきたのか、
誰にもわからないけれど、
その犬を、その人の子を、
愛しましょう。

おかしなカルマは次の世代に繋げない。
大切なことは丁寧にじっくり時間を掛けて
世代を越えても繋げていく。

様々な人との出会いが、
人を何倍も大きく育ててくれた。
コンプレ100というimaのこのパンは
その中でも大きな学びを
与えてくれた方が好んでくれたパン。

a0026058_15433114.jpg


このパンを俺は「rasa」と呼んでいる。

せっかく産まれてきたんだし、やさしく生きよう。
[PR]
by hisomi-tnp | 2012-04-19 15:43 | 日々是学ビ也

4.22(日) アースディぐんま in 前橋

テーマは「think global act local」

地球ありきのこの体、時代の流れから一歩外に踏み出して、静かに自分の立ち位置と向き合う時間、足下からゆっくりと意識を広げて、目を背けずに今を見て、大切なものが何なのかをもう一度考えてみよう。

a0026058_14312273.jpg


2012・4・22(日)前橋中央広場 10時~4時

*地球を想い行動は生活の中で小さくゆっくり豊かな暮らし*

想像してみる
宇宙は青く丸く動いている大きな生命体
そこに小さく様々な生命が宿り
暮らし営む私たち

想像してみる
今着ている服は誰がどこで作ったのか
今日食べたご飯やエネルギーの事を
私たちは世界と繋がっている

たった一人の平和な選択が
平和な未来を作っていく
出来ることからゆっくりと小さく
分かち合って楽しく毎日アースデイ (地球のうたhiromi)


*Live

・地球のタイコクラブ
・原田孝二郎
・弁天三六九
・ギブサンクス
・じゅんじゅん
・AYSEL
・ジーク
・神流神楽会

*ベリーダンス
・ぱわふるマドンナ

*ライブペインティング
・ミキティ

*FOOD
・Mount Spoon
・noon
・nuan
・カガヤヒトシ
・ちゃかぽこ洞
・くりけん
・和乃屋
・三喜屋
・空島キッチン
・ya-man's cafe2012
・ima
・Kaffa

*GOODS
・生活クラブ
・シナリー化粧品
・moffu
・Salyga
・Space Light
・ヒーリングヴィーナスハウメア
・原発・放射能から身を守る健康情報発信基地ツイテルラティ
・椿なの
・上州ふんどしくらぶ

*原発とめよう群馬
*福島原発を考えるために本を贈る会
*じゅんじゅんソーラークッカー
*STOP八ッ場ダム

*大人アトミックカフェ12:10~
*子供アトミックカフェ12:50~
当日参加者大歓迎

*WORK SHOP*
参加費:1500円(スニーカー込み)
フェアトレードのお話しとスニーカーにメッセージを描いてアートしよう

*アースデイ本部(hiromi/chiaki)*(ボランティア募集)
花とハーブの里
六ヶ所村苫米地さんから農作物
まごころ地球便
署名・パネル展示

お問い合わせ先
080-3486-4784(工藤)
090-5199-4442(秋本)
[PR]
by hisomi-tnp | 2012-04-18 14:41 | Save Our...

辻 繭子写真展に行ってきました。

夫婦共々お世話になっているフォトグラファーの辻繭子さんの写真展に行ってきました。
繭ちゃんの撮る写真はまるで呼吸をしているような感じ。写真という平面的な世界だからこそ立体的で見る人の心を揺さぶるような時空間の切り取りの妙がそこにはあるのだと思いました。きっとそう感じさせてくれる数少ない写真家です。

文字も音も無いのにね。
今じゃボタン一つで簡単に写真の加工ができてしまうけれど、
繭ちゃんの人柄に本当に一瞬の素晴らしさを捕らえる何かこう厚みというか深みのようなプロの素晴らしさを強く感じました。20日までやってます。オススメですよ。

a0026058_1018943.jpg


辻 繭子写真展『そこにあるシアワセ』開催のお知らせ
日常のなか、ふっと感じられる瞬間『そこにあるシアワセ』。
リラックスしてるけど、つながっている。
たしかに、手をつなげている。
辻 繭子が撮る家族の写真。シアワセのかたち。

ホームページはこちら

日 程 : 2012年4月1日(日)ー 2012年4月20日(金)
場 所 : ミモザの森
住 所 : 〒379-2303 群馬県太田市寄合町110-2
電 話 : 0277-78-3324
時 間 : 10:00 - 18:00
定休日 : 水曜日
[PR]
by hisomi-tnp | 2012-04-16 10:34 | カッコイイヤツノ話

瓦礫を受け入れるべきでは無い9つの理由

瓦礫を受け入れるべきでは無い9つの理由(もっとあるけど...)

・バグフィルターのメーカーが言うにはそれ自体が放射性物質用に作られていない。
・バグフィルターの効果を示すデータに環境省と島田市とで食い違いがある。
・遮水シートの耐久年数とセシウムの半減期との問題がみられる。
・セシウムだけがクローズアップされて他の核種が語られていない。
・福島と桐生の土壌の性質の違いや移行率など核種ごとの挙動を調べているのかわからない。
・桐生清掃センター周辺で測定される空間放射線量や土壌や焼却灰の測定方法、手段、条件などの詳細事項の公開が不十分。
・意思決定がされている状態で説明会を開いた。
・瓦礫受入れが決定した場合に関係する企業や人間はどう決定され、またその収支はどのようになっているのかという点。
・瓦礫を受入れた場合と現地での処理や別の形で支援する場合の比較、試算は行われているのかという点。

晩発障害など放射能の悪影響についてはその不確実性を武器に語るものの、現実的に不明瞭な部分は中々語られない。
市民やこどもたちと向き合わないということは、未来と向き合っていないということだ。
桐生市民に限らず周辺に住む県民が納得できる説明をしてほしい。
[PR]
by hisomi-tnp | 2012-04-13 16:49 | Save Our...

ラッパー産休をとる。

人間は元々は女であってそこから男も生まれる。

男女を差別的に見るつもりは勿論無いけれど明らかに別の特徴を持っていることは共に素晴らしいことだ。
月末に産休を数日もらうことにした。
職場の人がこう言う。

「前例が無いから絶対無理ですよ」

それを言っては何も変わらないし、変えられない。

仕事が終わればさっさと帰ってきてしまう自分には、仕事も無いのに無駄に残業して稼いでいる人が会社にとって有益であるとは思えない。しかし表向きは残念ながら「あの人は遅くまで働く真面目な社員」となることも少なくない。自分が世渡り上手でないことだけは確かだろう。仕事は大切、でもきちんとした線を引く所も大切。だから出産というのはもっと尊ぶべきであると俺は考えている。昔は意味があって存在していた形式的なことも、その意味を失って形だけ残っているようならば変えていくか、もう一度意味を考え直した方が良い。何よりも無意味で無関心なまま縛られていくことから抜け出せるように踏ん張っていこうと思う。
[PR]
by hisomi-tnp | 2012-04-11 11:32 | 繁栄のムコウ

そもそも何年かかるのさ。

福島第一原子力発電所の今後を改めて見直してみました。

下記リンク先の東電ホームページで発表している中長期ロードマップ。
http://www.tepco.co.jp/cc/press/11122103-j.html

ステップ1が冷温停止状態、これもどこまで信用できるものか....。
ステップ2は放出の大幅抑制、東電が言うには現在はこの状態だそうです。

そしてその後は、

第1期 として使用済燃料プール内の燃料取り出し開始までの準備を2年以内を目標に行い、第2期として燃料デブリ(溶け落ちた燃料の塊など)の取り出し開始までを10年以内を目標に行う。それからようやく第3期として廃止措置終了までを30~40年を目安に実行していくとあります。

さて、全部で何年でしょう。

2+10+30〜40=42〜52年
ここに放射性廃棄物の管理期間は勿論含まれない。

世代が変わるっちゅうねん。
次世代に責任のある安全性ということを考えたなら再稼働なんて話しにならんのです。
[PR]
by hisomi-tnp | 2012-04-10 17:01 | Save Our...