ブログトップ

hisomi a la mode

hisomi.exblog.jp

6.30輝く未来を子どもたちに!!

「輝く未来を子どもたちに!!」

■日時:6月30日(日)15:30開場 16:00開演

■場所:ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール

■主催:富士子ちゃんと輝こう市民の会

■入場料:1000円(高校生以下無料)

学校の身体測定ってそもそも必要?と思う方の潜です。
今週末の日曜はこのイベントに行きます。
震災以降、現実として放射能による様々な角度からの汚染は続いています。それどころか、事故を起こした日本がトルコへ原発を売り込んでみたり、耳を疑うようなニュースが後を絶ちません。愚か者が多いです。ホント。アベノミクスの恩恵?ハイ、勿論ちっとも感じてません。原発に関わる既得権益に限らず、TPPや改憲という舞台にも、降板したくない人たちが沢山いらっしゃるようです。冷静に考えてみると、行き着くのはどれも利己主義的な意思であって、自分さえよければという構造でガチガチに塗り固められているように感じます。原発?TPP?改憲?自分たちには関係無い?楽しく過ごして自分の好き勝手をやって何が悪いのか?赤ん坊を見ていると良くわかります。逆を言えばそれまでは気付くという選択肢さえ考えられませんでした。人間の子どもは本当に多くの人たちの手助けによって産まれ、育っていきます。だから物心がつかない内に、既に恩があります。そういう意味では好き勝手生きるというのは守られてきたからこそ言える言葉であるし、考えられることなのだと思います。全ての原発の廃炉は当然のことながら、TPPに参加することのリスクは恐ろしいものですし、改憲も同様に日本の根幹を揺るがす問題になりうるものです。医療や雇用、高齢化の問題、領土や外交の問題、エネルギー政策、そしてカラクリの無い本当の意味での食の安全。日本が抱える問題は山積みですが、この日に集まるゲストの皆さんはそれぞれ自分たちなりのヒントを持っている人たちだと思います。未来へ繋げていく本当に大切なものが何なのか、この日はその輪郭が少しは見えてくるのかもしれません。
[PR]
# by hisomi-tnp | 2013-06-26 15:57 | 繁栄のムコウ

同志たちに告ぐ。

今夜もどこかで厳つい見た目だったり、過激な服装の若者たちが音楽を聴いて賑やかに愉しんでいる。好きなだけ遊んで踊り疲れて、明日も頑張ろうって奴が山ほどいる。一方じゃ偉そうな人間たちが、錬金術を使ってこの国を好きなように牛耳っている。俺たちは気付かなければならない。彼らに背を向けて広がる溝の深さが、彼らにとってこの上なく最高の環境を与えていることを。このまま彼らの住む政治の世界に触れないことは正に思うツボである。「自由」とは「自ら」の「由」即ち手段であり、それがクリアされてはじめて自由といえる。だとすれば今それは俺たちにではなく、彼らにある。俺たちは日々好き勝手に生活をしているうちに、完全なる不自由へと足を引っ張られているのだ。無責任に描かれた未来を無条件に受入れるだけでいいのだろうか。脱原発は当然ながらTPPや改憲の恐ろしさは正に今そこにある脅威である。命の根っこに目を向けている人間を彼らの世界へ投じる必要がある。何故なら、その溝を埋められること(政治に目を向けること)こそが彼らにとって最大の脅威だからである。

同志たちに告ぐ。


[PR]
# by hisomi-tnp | 2013-06-07 15:22 | 時の声(war cry)

Tシャツ販売中。

a0026058_1457319.jpg


こっそり....。
誰にも言いません。
こちらからどうぞ。
[PR]
# by hisomi-tnp | 2013-06-03 14:55

5.19(sun)六ヶ所村ラプソディー上映会

○六ヶ所村ラプソディー○

2013.05.19(SUN)

17:00or19:00~終わりまで

参加費:1,000縁(1ドリンク)

場所:MountSpoon
[PR]
# by hisomi-tnp | 2013-05-16 10:13 | Save Our...

菅直人氏が来群だそうです。

今週末18日(土)に菅直人元首相が来群するそうだ。震災と原発事故が起きて、他の人間だったら対応できたのだろうか。巷で出る「ああすべきではなかった」「こうすれば良かった」などという発言自体が稚拙に思えてしかたがない。前古未曾有の問題の答えを知っている人がいたのならば、まずこんなことにはなっていないのだ。そういう大人たちを見て子どもは育つ。その議論がされるべきであったのは今ではなく、原発の歴史の一番はじめでなければならない。きっと発言の矛盾を理解することくらい、彼ら政治家の学力をもってすれば容易いことだろう。原発とめよう群馬からも加賀谷さんが民主党から出馬することになった。何故民主党か、そんな声は絶えない。しかし、この社会で理想論抜きに現実を捉えて決意したのだと思うし、逆に問いたい、ではどうすることが最善で、その策はどれだけ効果があって、あなた方はどんな協力をしてくださるのか。原発、TPP、さらには改憲という山積みの問題を、本当にどうにかしていかなければならない今、乳飲み子と入園、入学という恐ろしく多忙なタイミングにも関わらずされたその決断だけでも、充分に意味のある意志の現れであると思えないだろうか。

それはたぶん民主党じゃなくてもそう、幼心に居眠りする国会議員を見せられているのに、政治家はただ偉いというあからさまな矛盾を矛盾のまま抱えて大人になった。ではそこから何か解決したのだろうか、矛盾は未だ矛盾のままではないのか。

講演会 菅直人元総理が語る脱原発・再生エネルギーへの道
◎ 日  時 2013年 5月18日(土) 午後2時~4時
◎ 場  所 ホワイトイン高崎(高崎市赤坂町94 TEL027-325-5858)
◎ 参加費 500 円
◎ 主  催 脱原発・再生エネルギー推進する自治体議員の会
◎ 連絡先 群馬県議会議員 角倉邦良事務所 TEL 027-387-1432
[PR]
# by hisomi-tnp | 2013-05-13 15:08 | Save Our...

或る軍師の憂鬱

私というものが軍師であったなら、まず人の食欲に目を付けない手はない。なぜならあくまで自発的で衝動的な食欲に働きかけることは他の欲望に比べて比較的容易であると考えられるからである。つまり、仮にこれによって健康被害があっても最終的には「自己責任」と「自業自得」という逃げ道が用意されているのである。だから胃のトラブルを起こしやすい土用の今であれば胃に負担の掛かりやすいスイーツたちのイメージを積極的に発信すれば、計算通りに胃の不調を起こし、病院や製薬会社のお世話になるというわけである。ワクチンにしても、そのものに異論を唱えても、実際に病を流行らせてしまえば、たちまち必要とすることが正しいという形を容易に作り出せるのである。

世の中は恐ろしく、愚かしく単純である。
[PR]
# by hisomi-tnp | 2013-04-29 23:22 | 時の声(war cry)