ブログトップ

hisomi a la mode

hisomi.exblog.jp

2012年 10月 05日 ( 1 )

望診法を学んでいます。

中医学で四診(望診、聞診、問診、切診)と呼ばれているものがあります。その中で現在、望診(ぼうしん)というものを学んでいます。これは人の体、手や足、顔、髪、目、鼻、口、耳、舌などの状態を見て体調を診る方法で、体が出す様々な不調の兆しにいち早く気付くための方法です。体から受け取った情報を、体中を流れる経絡や木火土金水からなる陰陽五行と合わせてさらに紐解いていきます。体調は三者三様、十人十色、百人百様、千差万別に存在します。それぞれにそれぞれの対応が必要なことは言うまでもありません。そして最終的には体や心を作っている日々の食事を見直すためのヒントへ辿り着くわけです。まだまだ一年目、三年は掛かるのでこれからですが父親になったこの機会に親が子の不調に気付いてあげられるようになれたらこれほど素晴らしいことは無いと思っています。気になる方はふれあい朝市や、日曜市などで会ったらお話しましょう。夜遊んでいるあなたとも昼間に会いたいものです。

合(ー人ー)掌
[PR]
by hisomi-tnp | 2012-10-05 09:39 | 日々是学ビ也